Financial用語

三大疾病保障保険、がん保険【金融用語 金融商品編】

Financial用語
三大疾病保障保険
概要
死因トップ3の生活習慣病(がん、急性心筋梗寒、脳卒中)で所定の状態になった時に給付金が受け取れる保険。
解説
三大疾病保障保険(特定疾病保障保険)は、がん、急性心筋梗塞、脳卒中に備えた保険ですが、単にこれらの病気にかかっただけではなく、保険会社が定めた「所定の状態」になって初めて給付金が受け取れる保険です。給付金を受け取ると、契約は消滅します。給付金と同額の死亡・高度障害保障が付いており、給付金を受け取らずに死亡した場合は同額の死亡保険金が受取人に支払われます。三大疾病保障保険は、主契約となる保険と特約があります。期間は終身と定期があります。がんなどでは本人に告知をしないこともあるため、契約時に指定代理請求人を指定しておくこともできます。
Financial用語
がん保険
概要
保障の対象をがんに絞った医療保険の一種。診断給付金、入院給付金が大きな柱だが、保険会社により内容はまちまち。
解説
がん保険は医療保険の一種です。がんと診断された時に受け取れる診断給付金、がんの治療で入院したら受け取れる入院給付金、がんの手術で受け取れる手術給付金、退院後に継続治療で通院すると受け取れる通院給付金などで構成されています。がん保険は、医療技術の進化や治療の実態の変化に伴い、どんどん進化しているのが現状です。そのため、新商品や改訂版の商品が続々登場し、保険会社によって、また発売時期によって、保障内容の詳細が異なるので注意が必要です。例えば、診断給付金は初回診断だけか再発や転移でも対象になるか、治療開始前でも受け取れるか、通常のがん(悪性新生物)のみならず上皮内新生物でも保障されるのか、などが主な違いとなっています。

関連記事

  1. LIBOR、TIBOR【金融用語 金融市場編】

  2. MRF、ETF【金融用語 金融商品編】

  3. 繰上返済、抵当権【金融用語 金融商品編】

  4. リスク、分散投資【金融用語 金融商品編】

  5. インターネットバンキング、異業種の銀行参入【金融用語 金融機関編】

  6. ポートフォリオ、ドルコスト平均法【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP