誰かから送ってもらったり、無料提供キャンペーン、ポイント交換サービスなどで手に入れる

無料提供のキャンペーンで、ビットコインを無料で手に入れるチャンスもあります。

個人間同士のやり取りで手に入れる

ビットコインは誰でも手軽で簡単に送金することができるので、個人間同士でのやり取りで手に入れることも可能です。メール交換の要領と同じように、お互い「ビットコインアドレス」があれば、容易にやり取りすることができます。

メールアドレスのような「ビットコインアドレス」が必要になりますが、これはビットコインを管理する取引所のウォレットや、自身で管理するウォレットに付随しています。ちなみに、アドレスは固有のものにはなりますが、いくつでも作成することができます。

無料で貰えるキャンペーンを活用

ビットコインは、取引所で取引・購入する以外にも、身近なサービスを活用することで、無料で入手することが可能です。キャンペーンでビットコインを配布しているケースもありますので、ビットコインを無料で手に入れるチャンスもあります。

大手ポイントサイトなどでは、獲得したポイントをビットコインに交換するサービスも中にはあります。まず小額でもビットコインが欲しいといった場合には、こういったサービスを利用するのも良いかも知れません。

ビットコインや他の暗号通貨(仮想通貨)が欲しいけど、始めるだけの資金がないと言った場合には、このようなビットコインをはじめとする暗号通貨(仮想通貨)を無料でもらえるキャンペーンを利用して、コインライフを始めてみるのも一つの活用方法です。

コンテンツ一覧

  1. ネットワーク用語

    Felica【Mobile 関連用語】
  2. ネットワーク用語

    SIMカード【Mobile 関連用語】
  3. ネットワーク用語

    輻輳【Mobile 関連用語】
  4. ネットワーク用語

    テザリング【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP