間違えたとしても取消ができない取引の取消不可リスク

ビットコインをはじめとする暗号通貨(仮想通貨)は、システム上、一度送金を承認して確定してしまうと、アドレスや金額を間違えたとしても取り消すことができません。

取消不可リスクを知っておく

ビットコインをはじめとする暗号通貨(仮想通貨)取引で気を付けたいことの一つとして「誤送金」というものがあります。暗号通貨(仮想通貨)初心者の方は、取引を始める前に知っておいた方が良いリスクの内の一つです。

銀行振込の場合、万が一振込先を間違えたとしても、場合によりますが、銀行が間に入って先方に組み戻しの依頼をしたり、手続きは必要になるものの取り消しが可能になるケースもあります。

一方のビットコインをはじめとする暗号通貨(仮想通貨)は、管理者が不在のため、一度「受理された送金」は取り消すことができません。暗号通貨(仮想通貨)を送受金する際は、入力ミスを防ぐために、基本的にアドレスはコピー&ペーストまたはQRコードを利用します。管理主体が存在しないため、ミスは自己責任となります。

万が一アドレスを間違えて暗号通貨(仮想通貨)を誤送金してしまった場合は、パニックにならず対処法として、送金が実際にされているかどうかという点を確認してください。ビットコインをはじめとする暗号通貨(仮想通貨)は、ブロックチェーンの取引記録が全公開されているので、どなたでも確認することができます。

「送金元のアドレス」に関する取引記録を洗い出せば確認ができますので、取引記録が公開されているサイトの「サーチ」の検索欄に、「送金元のアドレス」を入力して確認します。トランザクションの欄に、誤送金した取引記録がない場合は、実際には送金されていないということになります。

取引所のウォレットから送金した場合は、取引所にもよりますが、問い合わせをすれば対応していただけるかと思いますのでひとまずご安心ください。送金先のアドレスが存在せず、送金が行われていない「エラー」状態ということであれば、返却されるケースがあります。

反対に送金先アドレスが存在し、実際に送金が行われていたケースでは、戻る確率は低くなります。送金先のアドレスを管理しているのが取引所で、どこの取引所かと言う事が分かっていれば、取引所に問い合わせをし、トランザクションIDを伝え事情を説明することで、いくつか返金された事例もあり、戻ってくる確率は低いですが挑戦してみる価値は十分にあります。

ERC223トークンなど暗号通貨(仮想通貨)の種類によっては、もし「間違えたアドレス」に送金した場合でも、対象のアドレスが存在しなければ、「無効なアドレス」への送金として「送金不可」となり、送ることができないようになっているのでご安心ください。 それでも万が一のこともありますので、送受金する際は注意して確認するようにしましょう。

コンテンツ一覧

  1. ネットワーク用語

    Felica【Mobile 関連用語】
  2. ネットワーク用語

    SIMカード【Mobile 関連用語】
  3. ネットワーク用語

    輻輳【Mobile 関連用語】
  4. ネットワーク用語

    テザリング【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP