ビットコインは非中央集権型通貨

ビットコインは、法定通貨のように中央集権的に管理されていません。ユーザー同士が管理する、独特な仕組みについて説明します。

ビットコインに中央銀行はない!

円やドルなどの通貨は中央銀行が管理しています。中央銀行は経済状況に応じた金融政策を行い、金利を操作したり、供給する紙幣の数を増やしたりして、経済を安定させようとします。

管理の目的が金融政策と密接に関連していることから、中央集権的であるといえます。中央集権的な管理下では、日本でいえば日銀の政策委員会の代表者たちによって円の価値が守られています。

ビットコインは特定の管理者が存在しませんが、ユーザー全員が管理者でもあります。すべての取引は公開され、ユーザー全員が取引が正当に行われたかを検証できます。

取引はすべてのネットワーク参加者によって検証され、正当なものであると認められた場合のみ、台帳に記録される仕組みになっています。特定の主体による決定だけで管理されず、ユーザー全員でネットワークを形成し、不正を防ぐことから非中央集権的といえます。

また、ビットコインの場合はルールを変更する際には、仕組み上95%以上のユーザーから支持を受けるのが安全とされます。

ビットコインには中央管理者がいない
「ビットコイン」と「日本円」では、そもそものシステムが違うのでたくさんの違いがあります。その中でも、私たち利用者にとってビットコインと日本円の一番の違いは、「中央管理者が不在」ということです。中央管理者が不在とは、どういうことでしょうか?

国が発行し、銀行が管理する『円』
日本円で考えてみましょう。日本円は「国(中央銀行)」が発行します。そして貯金や給料の支払い等、私たちの財産のほとんどを管理しているのは「銀行」です。私たちが利用する日本円は、国や銀行に管理されています。円の発行量を決めるのは国ですし、預金を安全に保管するのは銀行の役割の一つです。私たちの日本円は、国や銀行という「中央」に「管理」されています。一方で、ビットコインはどうでしょうか。ピットコインには、ピットコインを発行する国や管理する銀行、これらが存在しません。そんなことあり得るのか、と思うかもしれませんが、ビットコインはあらかじめ決められたルールに従う事で実現しています。発行量はあらかじめ決められていますし、管理(保管)も自身で行うことができます。日本円のように「モノ(紙幣・硬貨)」ではないビットコインは、「鍵」と呼ばれる暗号(文字列)を自分で管理することで、保有しているビットコィンデータを安全に管理できます。鍵さえあれば、どこでも誰でもピットコインを利用する事ができます。ビットコィンは2009年から発行され始めましたが、システムが崩れたり、攻撃で盗まれたりされたことは未だにありません(ビットコインを扱う取引所が攻撃を受けた事はありました)。「中央」がいなくても、安全に資産を保有していられる事が証明され続けています。

日本円 ビットコイン
国(中央銀行) 発行 ビットコインシステム
変動 発行量 2,100万BTC
銀行 管理 自己管理
現金または銀行振込 取引 インターネット上
外国通貨との変動 価格 全通貨と変動
本人確認・印鑑 口座作成 ビットコインアドレス

中央管理者不在のメリット
それでは、「中央管理者がいないと何がいい」のでしょうか。ここでは、それについて少し説明します。
取引に手数料がかからない
私たち利用者が分かりやすく受けられるメリットの1つに「仲介手数料がかからない」ことが挙げられます。仲介手数料とは、いわゆる振り込み手数料等のことです。銀行が絡むと送金の際に手数料が取られます。特に海外送金には多額の手数料がかかります。しかし、ビットコィンならどこへでも少額で送金できてしまうのです。これは、一般的な通貨と異なり、ビットコインが「データ」としてインターネット上で決済できる事が生み出すメリットです。手数料がかからないのはすごくいいことです。クレジットカードやデビットカードなどを利用する場合、ユーザーや店舗が決済の仲介会社(銀行やクレジットカード会社)に手数料を支払っています。しかし、ビットコインを所有していれば、ビットコインの所有を移すことで決済が行えます。ネットショッピングが流行しているこの時代にはうってつけです。現に、ピットコイン支払い可能なネットショップも多く存在します。
決済に時間の制約がない
また、ビットコインは中央管理者不在のネットワーク上で決済を行うため、型時間365日決済可能です。特に、国際間での送金スピードが銀行を介するケースよりも各段に早いのも特徴です。銀行を介した取引でよくある「この時間は翌営業日の扱いになります」ということがありません。送金が早いということは、商品が手元に届くのも早くなるということです。このような事が、中央管理者不在のピットコインの、分かりやすいメリットとして挙げられるでしょう。

なぜ非中央集権型なのか?

ビツトコインが非中央集権型である理由は、中央集権型の通貨は一部の権力者の影響を受けやすく、暴走する傾向があると考えられているからです。ビットコインはユーザーの多くが賛同することを前提としているので、一部の権力者による暴走の可能性が低いと考えられています。

ビツトコインのすべてのルール変更には、その都度全参加者の合意を得る必要があります。ルールはオンライン上で公開されているため、ユーザーの知らないところで勝手にルールが変更されることはありません。

一方、簡単にルール変更ができないことへの弊害もあります。問題が発生したとき、その解決方法をめぐっての議論が長引く場合があり、問題解決までに時間がかかる点です。このように非中央集権型の通貨には、デメリットも存在します。

しかし、そのデメリットを上回る「他人に干渉されない通貨」という、非中央集権型でしか成立しない概念をビットコインは作り上げました。ビットコインには絶対的な管理者は存在せず、ユーザー同士がルールを決めて運用しているのです。

●非中央集権型のメリットとデメリット

メリット デメリット
 一部の権力者の暴走を阻むことができる  意見が割れたときなど、取り仕切る人が存在しない
 簡単にルール変更ができないため、将来的な計画が立てやすい  ルール変更のたびに合意を得るので、急なルール変更ができない
 すべてのルール変更で多数決をとるため民意が反映されやすい  取引に認証作業が必要になるため、取引初処理に時間がかかる
 互いに監視し合うことで、セキュリティ強化につながる  すべての取引情報を共有する必要がある
 通貨を自身で管理できる  盗難や紛失にあっても、保証されない

1既存の通貨は中央集権的に管理されている

日銀政策委員会の人選は内閣によって決められるため、国民の意志が直接反映されにくい傾向にあります。また権利が-部に集中しているため、中央集権的といえます。

2中央集権型と非中央集権型

中央集権は一部の代表者が通貨の金融政策などのルール作成に取り組み決定後、国民に公表されます。一方、非中央集権のビットコインはさまざまな提案が先に公表されます。その中から、最も安全性が高く合理的な提案が選ばれ、支持者による多数決となります。多数決で一定比率を満たせば、晴れて提案がネットワークに反映されます。

3正当性の検証には必ず参加しないといけないの?

「ネットワーク参加者全員で検証」とありますが、個々のユーザーが毎回検証を行っているわけではありません。ユーザーは一部の検証のみ行っており取引所やウオレツト事業者、マイナーが主に検証しています。

4「マイナー」って何?

仮想通貨のマイニングに参加し、取引を承認する人を「マイナー」と呼びます。マイナーは取引の正当性をコンピューターで検証し、作業の成功報酬としてビットコインを受け取っています。

5非中央集権的な管理

非中央集権型での管理はそれぞれに合意の裁量権を与える管理方法です。通貨でこの管理方法を採用した通貨はありません。管理を他人に任せるのではなく、それぞれが独自に管理しようという考え方です。

ビットコインは通貨の選択肢
従来の通貨は、政府のような中央機関が通貨を管理する体制が一般的でした。それは、中央集権で管理した方が政府として税収や経済をコントロールしやすいからです。一方、非中央集権的なビットコインは、政府のような中央機関に管理を任せずとも、それぞれが監視をすることでセキュリティを保てることを証明しました。中央集権と非中央集権にはそれぞれ一長一短があり、どちらかが優れているというわけではありません。ですが、ビットコインは、通貨の選択肢を社会に与えています。

コンテンツ一覧

  1. ネットワーク用語

    Felica【Mobile 関連用語】
  2. ネットワーク用語

    SIMカード【Mobile 関連用語】
  3. ネットワーク用語

    輻輳【Mobile 関連用語】
  4. ネットワーク用語

    テザリング【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP