従来の送金手段と比較し、送金や台帳の違いを知る

このレッスンでは、ビットコインの送金を銀行など従来の送金手段と比較しながら紹介します。またウォレットと取引所での送金の違いについても説明します。

支払い手段を一本化できる

日常の送金シーンを考えてみると、現在の支払い手段は用途別に分かれています。現金やSuicaなどの非接触ICカードは物理店舗における支払いに、銀行預金は給料の受け取りや家賃の引き落としに使われます。

また、クレジットカードは物理店舗での支払いに加えて、オンライン決済や公共料金の支払いなどに使われます。注目したいのは、日常におけるお金の受け取り手段は銀行預金が主流になっていることです。

給料などは銀行口座に振り込まれ、私たちは現金やICカード、クレジットカードの形に変えて使い分けているのです。一方、ビットコインは受け取りから日常のて1つの「ウオレット」というアプリで完結させることができます。

アプリを起動してQRコードを読み取るだけで、24時間365日、どこからでも、どこにでも送金することができます。受け取るときアドレスかQRコードを共有するだけです。


取引内容を誰でも確認できる

銀行預金の場合、銀行の基幹システムである勘定系システムの台帳に利用者の預金残高が保持され、取引があれば勘定系システムが会計勘定処理を行い、銀行利用者の預金残高を操作します。

ビットコインにおいては、コア技術である「ブロックチェーン」が、銀行の台帳と同様の機能を果たします。ビットコインにおいてはウォレットからビットコインを送ったり、受け取ったりすると、すべての取引がブロックチェーンに記録されます。

やりとりの記録はすべて公開されているため、ビットコインの利用者全員が、プロツクチエーンに取引が記録されたことを確認し、承認していると見なされます。ブロックチェーン台帳に取引が存在しなければ、その取引事実がなかったということも、利用者全員が確認できます。


送金手数料が市況で変動する

ビットコインの送金手数料は、取引(トランザクション)のデータ1バイトに対して必要なビットコインを元に算出します。例えば取引データが300バイトで、1バイト当たりに必要なビットコインが150サトシ(サトシは1億分の1BTC)だった塲合、300×150=45,000サトシ、つまり0.00045BTCの手数料がかかります。

このとき、1BTCの価格が80万円であれば、800,000×0.00045=360円の手数料がかかります。取引を行うときはウォレットアプリがビットコインの取引をまとめるため、合計の送金額が同額の場合であっても、取引回数が多ければ、その分だけデータサイズが増えます。

また取引が混雑している際には、1バイト当たりに必要なビットコインの相場が上がります。そのような際には、取引の承認が遅れることがあります。この場合は手数料を高く設定するほど優先して送金されます。


送金手数料を自分で設定できる

ビットコインの送金手数料には、ユーザー自身が設定します。平均的なビットコインの取引は200バイトから400バイト程度なので、これに先ほど説明した1バイト当たりの手数料をかけ合わせたものを、送金手数料としてウオレットを使って設定します。

取引が混雑していなければ約10分で送金が完了します。一方で適切な手数料を設定しない、あるいは手数料を添付せずに送金をしてしまうと、いつまでたっても相手に届かないこともあります。

とはいえ、現在あるウオレットはほとんどの場合、自動的に適切な手数料が設定されるので、心配はありません。ちなみに、ウォレットには手数料優先度と呼ばれる設定値があり、低・中.高の3つから選ぶことができます。

「低」の場合は1週間ほど承認されないこともありますが、「中」であれば1時間以内に、「高」ならほとんど1ブロック以内に承認されます。


取引所を介して送金もできる

取引所を介して送金を行う場合ユーザーはネットバンクなどと同様に、Webアプリなどから取引所に送金を指示するだけで完了します。このとき、銀行振り込みと同じように取引所が管理するサーバーを通じて管理者に通達され、自動的に処理されるか管理者に承認されて送金が実行されます。

細かい処理や承認のフローは取引所によって異なりますが、大まかな仕組みは同じです。ちなみに、スマートフォンのウォレットでの個人間の送金などは、ウォレットが電子署名を行い、ブロックチェーン上に記録されたビットコインの取引が自分のものであることを証明します。

取引所を介して送金を行う場合、利用者は取引所に送金依頼を出し、取引所が持つウオレツトで、取引所が電子署名を行い、ブロックチェーン上に記録されたビットコインの取引が取引所のものであることを証明します。

1仮想通貨には「ネットワーク効果」が働く

「ネットワークの価値は、利用者数の2乗に比例する」という、通信ネットワークの価値に関する法則があります。これは利用者数が増加すればするほど、そのネットワークの利便性や有用性が向上するというものです。メルカリやAirbnb、Uberなどはまさにネットワーク効果を最大限に生かしたビジネスです。仮想通貨も通信ネットワークを使った通貨なので、利用者数が増加すれば、さらに便利に使えるようになるでしょう。

2暗証番号は面倒なだけ?

ネットバンキングを日常的に利用している方ならば、ログイン時に「4ケタの暗証番号」や「通った高校の最寄り駅」を聞かれた覚えがあるこでしょう。また振込時には、物理的な暗証番号照合カードで個人認証を行い、第三者による「なりすまし」を防ごうとしています。ビットコインは、自分だけしか持たない秘密鍵で取引を電子署名し、公開されたデータの所有権を証明する仕組みになっています。

3銀行同士の台帳もある

銀行の台帳には、銀行が独自で管理する台帳と、銀行同士の取引を決済し取引の付け合わせを行うための台帳の2種類があります。前者は単に台帳ですが、後者はクリアリングハウスと呼ばれる機関がその役割を担います。これら銀行系の勘定システムは、それぞれ独自の基幹システムを持ち動いているので、ほかの銀行の取引履歴とズレが発生することがあります。ブロックチェーンでは全員が同じ台帳に記帳・参照するのでズレは生じません。

4ビットコインのプログラムもすべて公開されている

現在はデータの参照や実行ができるAPI (アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を外部に公開する動きが広まっています。ビットコインもプログラムをすべて公開しているため、取引所を運営したり、サイトに埋め込めるビットコイン決済ウィジェットを作ったり、ビットコインが使えるゲームを開発したりできます。

5ビットコインの数量単位とは

ビツトコインの数量を数えるときは、1BTC(ビーティーシー) 2BTCというように数えます。また、ビットコインの最小単位を1satoshi (サトシ)と呼びこれは1億分の1BTC(0.00000001BTC)を指しています。その他に、100satoshiを1bits(ビッツ)と呼んだり、1000分の1BTCを1mBTC(ミリBTC)と呼んだりすることもあります。

6ウォレットによって手数料が変わる

ウォレットの手数料計算の計算式は、実は明確に統一されているわけではありません。これはウォレットによって承認されていない取引データの参照や、計算の根拠に使う式が異なっているためです。ですから、あるウォレットでは手数料設定を「高」にしても0.0003BTC程度なのに、あるウォレットでは「中」でも0.0004BTCほどかかることもあります。

7取引所は銀行になっていく?

取引所の役割は、仮想通貨と法定通貨、または仮想通貨同士を交換する場所となることです。そのほかにも、利用者の仮想通貨を預かり、長期保管する金庫サービスを提供する会社もあります。アメリカに本拠を置くCoinbase(コインベース)は、仮想通貨取引所を運営しながら仮想通貨を保管する「Valut(金庫)」サービスも提供し、仮想通貨を間接的に扱う事業会社などに提供しています。

8送金手数料も変動する

このレッスンでは、ビットコインの送金の流れと仕組みについて説明しました。ビットコインの送金手数料は取引の混雑状態によって変動するなど、コア技術であるブロックチェーンと密接にかかわっています。

取引所はウォレットではない
仮想通貨ユーザーの中には、取引所を通常のウォレットのように使う人もいます。ところが、取引所の残高の管理権は取引所にあるので、すぐに送金したくてもできないこともあります。これは取引所はユーザーの仮想通貨を保全する義務があるので、複数人体制での分散した鍵管理(マルチシグ)による、何重ものセキュリティを設けているためです。取引所は仮想通貨を買ったり売ったりすることを中心に使い、日常の支払いや送金に使う場合は、スマートフォンのウォレットに引き出してから使うといいでしょう。

コンテンツ一覧

  1. ネットワーク用語

    Felica【Mobile 関連用語】
  2. ネットワーク用語

    SIMカード【Mobile 関連用語】
  3. ネットワーク用語

    輻輳【Mobile 関連用語】
  4. ネットワーク用語

    テザリング【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP