Financial用語

金融政策、アベノミクス【金融用語 金融政策編】

Financial用語
金融政策
概要
中央銀行が実施する経済政策。通貨の流通量を適切に保ち、物価の安定を保つなどの目的で行われます。金融システムの安定を保つ目的もあります。
解説
日本の金融政策の従来の方針は、具体的に「金利を○%に誘導する」という水準を示すことが主でしたが、近年では、市中(世の中)に出回るお金の量を調整する量的緩和政策が行われています。お金の量を調整する方法として、公開市場操作があります。金融政策における「緩和」は、市中のお金の量を増やすことです。日本銀行が民間金融機関から国債や手形などの資産を買い、市場に資金を供給する方法が代表的です。反対に「引き締め」は減らすことです。国債などを売却して資金を吸収する方法などがあります。
Financial用語
アベノミクス
概要
2012年12月に発足した、第2次安倍晋三内閣の経済政策。持続的な経済成長による富の拡大を目指す。
解説
アベノミクス政策の柱は「3本の矢」に例えられます。「大胆な金融政策」が1本目の矢。本丸と呼ばれ、一番力を入れたところです。金融緩和でお金の流通量を増やし、人々のデフレマインドを払しょくする政策です。「機動的な財政出動」が2本目の矢。国土強靭化を掲げての公共工事等、経済対策で政府自らが率先して需要を創り出す政策です。「民間投資を喚起する成長戦略」が3本目の矢。規制緩和や税制改革を通じて、民間の投資や消費を掘り起こそうというものです。具体的な目標は、GDP(国内総生産)成長率が10年間の平均で3%に達すること。安定的に持続することがカギになります。2014年6月にまとめた安倍政権2回目の成長戦略では、規制緩和や法人税改革が明記されました。今後の議論の焦点です。

関連記事

  1. 元金均等返済、元利均等返済【金融用語 金融商品編】

  2. アセットアロケーション、リバランス【金融用語 金融商品編】

  3. 信用取引、ミニ株【金融用語 金融商品編】

  4. 投資信託、ファンドマネージャー【金融用語 金融商品編】

  5. 投資ファンド、商品ファンド【金融用語 金融商品編】

  6. 機関投資家、証券取引法【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】モバイルウォ…

設定方法

Symbol Wallet バージョンアップの方法【シンボルウォレット更新】アッ…