暗号資産

Internet Computer(DFINITY)[ICP]

Internet Computer(ICP)とは

オープンソースのクラウドコンピューティングプラットフォーム、無制限の容量でWeb速度で実行される世界初のブロックチェーン。

インターネットコンピュータは、パブリックインターネットの機能を拡張して、バックエンドソフトウェアをホストし、グローバルコンピューティングプラットフォームに変換できるようにします。

開発者は、インターネットコンピューターを使用して、コードをパブリックインターネットに直接インストールし、サーバーコンピューターや商用クラウドサービスを不要にすることで、Webサイト、エンタープライズITシステム、およびインターネットサービスを作成できます。

システムをインターネット上に直接構築できるようにすることは間違いなくクールですが、インターネットコンピュータはこれだけではありません。

システムセキュリティを含むITを悩ませている深刻な長年の問題に対処し、インターネットサービス、ユーザー関係、データのますます増大する独占を逆転させて元に戻し、インターネットを許可のない革新的で創造的なものに戻す手段を提供しようとしています。

  • 概要
  • 詳細
  • アルゴリズム
通貨単位 ICP
最大供給量 469,213,710 ICP
コンセンサス・アルゴリズム 「Threshold Relay」POS(Proof of Stake)
プロジェクト 分散型のクラウドコンピューティングプラットフォーム(分散型クラウドストレージ)
運営 DFINITY Foundation(スイス非営利団体)
設立 2016年10月
創設者 Dominic Williams(ドミニク・ウィリアムズ)

基礎

DIFINITYは分散型ネットワークであり、DEFINITYネットワーク上に構築されたプロトコルに基づいて作成された「仮想ブロックチェーンコンピューター」です。

「仮想ブロックチェーンコンピュータ」はピアツーピアネットワーク上で動作し、信頼性が高く、特にスマートコントラクトの改ざん防止モードで動作できます。

Dfinityブロックチェーンコンピューターのコンセンサスメカニズムは、柔軟性があり、安全で、高性能です。Dfinityは、ライセンスされた参加モデルを定義します。

これにより、コンセンサスメカニズムをSybilの抵抗方法(たとえば、プルーフオブワークまたはプルーフオブステーク)と組み合わせて、オープンな参加モデルを作成できます。

プロジェクトの中核では、Dfinityに含まれる分散型ランダム性ビーコンが検証可能なランダム関数(VRF)として機能し、時間の経過とともに出力のストリームを生成します。

独自の決定論的、非対話型、DKG対応のしきい値署名スキームは、ビーコンの新しい技術がそれに依存するための基盤です。このようなスキームの唯一の既知の例は、結合ベースであり、BLSから派生しています。

DfinityブロックチェーンはDfinityビーコンの最上位層であり、ビーコンを使用してリーダーを選択し、リーダーをランク付けします。Dfinityブロックチェーンは、公証プロセスによってさらに強化されます。

これにより、完了時間が大幅に改善され、問題のない攻撃や利己的なマイニング攻撃が排除されます。クォーラム選択アルゴリズムが使用されるため、Dfinityのコンセンサスアルゴリズムがスケーリングされ、ランダムビーコンによって制御されます。

ただし、Dfinityは秒単位のブロック時間を達成し、トランザクションは実際には2回の確認後に完了します。システムは、同期で明示的に保護されている間、ネットワーク分割を含むネットワーク同期の一時的な損失を処理します。

クォーラム選択アルゴリズムは、Dfinityのコンセンサスアルゴリズムをスケーリングするために使用され、ランダムビーコンによって制御されます。Dfinityは秒単位でブロック時間に達し、トランザクションは2回の確認後に終了します。

ネットワーク同期は、ネットワーク分割を含む一時的な損失が発生したときに発生しますが、システムによって処理されるように同期で明示的に保護されています。Dfinityのプロトコルの中核には、検証可能なランダム関数(VRF)が組み込まれています。

コンセンサスとシャーディング、検証タワーなどのスケーリング手法の基盤はすべてVRFによって推進されます。さらに、コンセンサスレイヤーがVRFを作成し、アプリケーションレイヤーで使用できるようになります。

インターネットコンピュータ

インターネットコンピュータは、プロジェクトの紹介時にDFINITYが紹介したコンセプトです。インターネットコンピュータは、パブリックインターネットの機能を拡張したものであり、補助ソフトウェアをホストして、グローバルコンピューティングプラットフォームに変えることができます。

インターネットコンピュータを使用して、開発者は以下を作成できます。

•Webサイト
•エンタープライズITシステム
•インターネットサービス

これらを作成するには、コードをパブリックインターネットに直接インストールし、サーバーや商用クラウドサービスと一緒に配布する必要があります。

インターネットコンピュータの作り方

インターネットコンピュータは、ICP(インターネットコンピュータプロトコル)と呼ばれる分散型プロトコルで構成されており、世界中の独立したデータセンターが個々のコンピュータの能力を組み合わせるために稼働しています。

これにより、インターネットベースのソフトウェアがホストされ、スマートコントラクトの形で同じセキュリティ保証付きで実行されるシームレスな世界に変わります。DNSなどのインターネット標準と統合されており、ユーザーエクスペリエンスをWebブラウザやスマートフォンに直接提供できます。

誰がインターネットコンピュータを使用しますか?

ユーザーは次のようになります。

•開発者
•企業はソフトウェアを構築するためのより良い方法を探しています

起業家と開発者は、新たな「オープンインターネットブーム」を利用して、パブリックインターネット上で直接シミュレートされるソフトウェアを構築することにより、業界全体のプラットフォーム、Defiアプリケーション、およびオープンインターネットサービスを作成します。

インターネットコンピュータは、パブリックインターネットの機能をグローバルネットワークからパブリックコンピューティングプラットフォームに拡大しています。

これにより、インターネットコンピュータを使用する人が増え、クラウドサービス、データベース、壁などのレガシーテクノロジを必要とせずに、エンタープライズWebサイトやシステムを構築する複雑さが軽減されます。

データセンター

これは、ユーザーの顧客向けのインターネットコンピュータプロトコル(ICP-インターネットコンピュータプロトコ)の作成であり、ノードマシンのラックを設置することにより、革新的なインターネットコンピュータネットワークをサポートするのに役立ちます。

ラックは、物理的に近接して格納され、すべて同じネットワークスイッチに接続された30または40のノードの集合です。

インターネットコンピュータプロトコル(ICP)とインターネットコンピュータ

インターネットコンピュータプロトコルは、世界中の独立したデータセンターが提供するコンピューティングマシンを組み合わせて「インターネットコンピュータ」を作成することによって機能します。

これにより、サーバーレスクラウド機能の新しい独自の形式でインターネットが拡張されます。これは、ISP、転送プロバイダー、企業のプライベートネットワークを組み合わせたIPプロトコルによってインターネットが作成された方法とほぼ同じです。

データセンターID(DCID)を取得する

インターネットコンピュータは、「神経系」(NNS-ネットワーク神経系)と呼ばれる管理システムを保存しています。

データセンターがインターネットコンピュータネットワークに計算を提供するには、管理システム用のアプリケーションを作成してDcID(データセンターID)を取得する必要があります。

これは、ユーザーのBGPルーターのASN(自律システム番号)を取得するために、ユーザーがIANA(Internet Assigned Numbers Authority)に登録する方法とほぼ同じです。

予測可能な収入の流れを稼ぐ

インターネットコンピュータプロトコルは、暗号化された(トークン化された)プロトコルです。

インターネットコンピュータのユーザーは、ソフトウェアのインストール、ソフトウェアの実行、およびデータの保存に「サイクル」を支払う必要があります(消費されるサイクル数は、実行された正確な命令と処理または保存されたデータの量から決まります)。

ユーザーは、ネットワークトークンと引き換えにサイクルを受け取ることができます。これらの同じトークンは、報酬の形でデータセンターに支払われます。トークンは、ガバナンスシステムへの参加も許可します。

計算能力を接続する方法

インターネットコンピュータは、ソフトウェア用に独自に再考されたオープンプラットフォームを提供します(おそらくハッキング防止システムを作成します)。

ただし、プラットフォームを使用するコストは依然として重要です。したがって、データセンターは、プロトコルのNNS管理システムが「容量の要求」(RCAP-容量の要求)を発行した場合にのみ、追加のマシンに接続できます。

したがって、ネットワークは最終的に数千万の標準化されたマシン(「ノード」)で構成されると考えられますが、常に、ネットワークには現在の需要レベルでサービスを提供するために必要な数より多くのノードが含まれることはありません。

コンセンサスメカニズム

DFINITYのコンセンサスメカニズムには4つのレイヤーがあります。

•公証人
•ブロックチェーン
•ランダムビーコン
•アイデンティティ

登録されたSybil耐性の顧客IDは、Identityレイヤーによって提供されます。ランダムビーコンレイヤーには、分散型ランダムビーコンがあります。

リーダーのランク付けは、ランダムビーコンによって制御されるBlockChainレイヤーと連携して機能する確率的メカニズムによって達成されます。

タイムスタンプとほぼ瞬時のファイナリティが提供され、説明責任があり、公証人レイヤーによる公開中に保証されます。

DFINITYエコシステム

ビーコン基金

Beacon Fundは、Dapp建設活動の資金を調達するために誕生しました。オンチェーン ビーコンのインターネットサービスは、オープンインターネットサービスと分散型金融システムを長期的に設計および開発できる「天使のような」瞬間に強力なチームに投資します。

このファンドは、アンドリーセンホロウィッツとDFINITYファンドからの追加サポートを受けて、ポリチェーンキャピタルによって管理されています。ビーコン基金によって投資されたチームは、次の基準に従ってスクリーニングされます。

•経験豊富なチーム
•ユーザーエクスペリエンスの世話をする
•ネットワーク効果の問題の開発と修正を計画する
•インターネットの中立性を開発する
•チームは分散型ファイナンスを深く理解している
•ガバナンスのトークン化チーム

インターネットコンピュータフェローシップ

インターネットコンピュータフェローシップは、教育者のネットワークを構築するために設計された12か月のプログラムです。これは、学んだ教訓を共有し、コミュニティ組織を形成することにより、地元の教育者のエコシステムの成長に貢献します。

フェローシッププログラムは、教師、研究者、TAティーチングアシスタント、コンピュータサイエンス教育の支持者などの教育業界の人々のためのアイデアです。彼らは、新しいテクノロジーや次世代のソフトウェア開発環境での実践的な経験を積むことに興味を持っています。

企業向けインターネットコンピュータ

新しいスタックテクノロジーシステムは、ユーザーの会社を保護し、業界を再定義するための新しいソフトウェアのホストのロックを解除します。

スタックテクノロジは、組織がWebまたはモバイルアプリケーションを構築するために使用する一連のテクノロジとして理解できます。

プロジェクトはDFNITYを基盤として構築されています。現在、DFNITYに基づいて構築されたプロジェクトは、次のセグメントに分割されています。

•DEFI
•Dapps
•ソーシャル
•インフラストラクチャ

トークンの割り当て

•9.5%–初期の貢献者
•24.72%–シードラウンド投資家
•6.85%–戦略的投資家
•4.75%販売前の資金調達ドナー
•1.25%–コミュニティエアドロップ
•52.93%–財団助成金、チーム、およびパートナー

コンセンサスアルゴリズム

Proof-of-Stake(プルーフ・オブ・ステーク)

DFINITYのコンセンサスアルゴリズムには、Proof-of-Stake(プルーフ・オブ・ステーク)が採用されています。

全てのマイナーは平等にマイニングする機会があり、全てのノードのデポジットは同額で、全てのマイナーは誰がネットワークに参加しているのかを把握することができるとされています。

Internet Computerのマイニングは、DFINITYにサーバーを提供することで参加でき、サーバーを提供することでマイニングフィーとして、ICPのトークンを受け取ることができます。

また、DFINITYではVerifiable Random Function(VRF)という検証可能なランダム関数が用いられています。VRTの特徴としては検証可能性、予測不可能性、複製不可能性があります。

トークン

DFINITYのネットワークには「Cycle」と「ICP」という二つのトークンが存在します。Cycleはサービス運用者がキャニスターを稼働し、ノードのCPUやメモリ、ストレージといったリソースを使う対価として支払う際に利用されます。

Ethereumの手数料(ガス代)に相当するものですが、ユーザーが負担するのではなく、従来のWebアプリケーションのようにアプリケーションの運用者が支払います。

一方、ICPはCycleと交換することができ、また、ネットワークにロックすることでガバナンストークンのように利用することもできます。

関連記事

  1. イーサリアム[Ethereum](ETH)

  2. ネム/ゼム[NEM/XEM](XEM)

  3. バンクエラ[BANKERA](BNK)

  4. Symbol [シンボル] (XYM)

  5. ビットコイン[Bitcoin](BTC)

  6. リップル[Ripple](XRP)

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】モバイルウォ…

設定方法

Symbol Wallet バージョンアップの方法【シンボルウォレット更新】アッ…