ネットワーク用語

IP電話【ワイド・エリア関連用語】

IP電話

電話網の一部をインターネット経由に置き換えたものです。

概要
距離に依らず一定な、安い電話料金を売りにしたサービスが侍徴です。音声は、VoIP機能を持つルータなどによって、パケットに変換されます。そしたらそのパケットは、Internet Protocolを使って相手先へと届けられ、再び音声に戻って電話の役目を果たします。
解説
電話網の一部をインターネット経由に置き換えた電話サービスのことです。途中の回線をインターネット経由にすることで、従来の「距離と時間に応じた従量課金制」を採る必要がなく、多くの事業者が「距離に依らず一定な安い電話料金」を売りにサービスを提供しています。IP電話のIPとは「Internet Protocol」の略で、そのものズバリ「Internet Protocolを利用した電話サービス」という意味を示します。

初期の頃は事業者毎に独特な規格を用いるケースがほとんどで、あくまでも閉じた範囲内の通話サービスに限られていました。しかし現在では、VoIP(Voice over lP)というIPネットワーク上で音声通話を実現する技術に対してH.323という標準規格が定められ、VoIP用の機材として各社が開発するルータや交換機に関してもこの規格に準ずるようになりました。

そのため相互の接続制が向上することとなり、通信事業者のみでなくISP(Internet Service Provider)のサービスメニューにも名を連ねるほど、広く一般に普及するようになっています。ただしIP電話という言葉を、上記のような通信事業者の提供する「VoIP技術を利用した電話サービス」に限るのは狭義の場合であり、「インターネットを介した音声通話全般」をIP電話と呼ぶことも珍しくありません。その場合は、インスタントメッセージを介した音声通話なども、この枠内に入ることとなります。

関連記事

  1. ネットワークプロトコル【TCP/IP関連用語】

  2. ブリッジ【ハードウェア関連用語】

  3. IPv6【TCP/IP関連用語】

  4. Cookie【インターネット関連用語】

  5. URL【インターネット関連用語】

  6. ポート番号【TCP/IP関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP