ネットワーク用語

LANケーブル【ハードウェア関連用語】

LANケーブル

各コンピュータを物理的にネットワークと接続するために用いるケーブルです。

概要
電気信号に変換された、通信データの通り道となります。LANケーブルで接続することによって、コンピュータ間でデータをやり取りできるようになります。LANケーブルには、使用するネットワークの規格に応じて様々な種類があります。
解説
ネットワーク上の各ノードを接続するために使うケーブルがLANケーブルです。ネットワーク接続に用いるため、ネットワークケーブルとも呼びます。ケーブルの種類は単一ではなく、使用するネットワークの規格に応じて様々な種類があります。バス型LANであるEthernetの10BASE-2や10BASE-5といった規格では、テレビの接続に使うような同軸ケーブルをLANケーブルとして用います。

そのケーブル特性についても定められており、10BASE-2では太さ5mmの同軸ケーブル(Thin coax)、10BASE-5では太さ10mmの同軸ケーブル(Thick coax)を利用します。スター型LANであるEthernetの10BASE-Tや100BASE-TX、1000BASE-Tといった規格では、ツイストペア(より線)ケーブルを用います。これは電話線のモジュラーケーブルと似た構造を持つもので、電話線が4本の内部線を持つのに対し、8本の線をそれぞれ対により合わせた4対のツイストペア構造となっています。

このケーブルは等級によってさらにカテゴライズされており、カテゴリ3が10BASE-T用、カテゴリ5が100BASE-TX用、カテゴリ5e/カテゴリ6が1000BASE-T用となります。カテゴリはアッパーコンパチ(上位互換)となっているため、上位のカテゴリ5eを使って100BASE-TXネットワークを構築しても問題ありません。最後にリング型LANとなるToken Ringですが、こちらもEthernetの10BASE-Tや100BASE-TXと同様にツイストペアケーブルを用います。使用するケーブルのカテゴリは伝送速度によって異なり、4Mbpsの場合にはカテゴリ3、16Mbpsの場合にはカテゴリ4を用います。

関連記事

  1. パケットフィルタリング【サービス・プロトコル関連用語】

  2. TCP/IP【TCP/IP関連用語】

  3. クラウド【インターネット関連用語】

  4. リング型LAN【ローカル・エリア関連用語】

  5. サブネットマスク【TCP/IP関連用語】

  6. UPnP【ハードウェア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP