Financial用語

LIBOR、TIBOR【金融用語 金融市場編】

Financial用語
LIBOR
概要
短期金利の指標ともなっており、ロンドンのインターバンク市場で、銀行同士が資金を融通し合う時の基準金利。
解説
LIBOR(London Inter Bank Offered Rate:ロンドン銀行間取引金利)は、小売業の場合の仕入れ価格のようなもので、国際金融市場の中心であるロンドンで、銀行が顧客に貸すお金を他の銀行から借りてくる時の金利です。LIBORは、国際的な金融取引の場において、短期金利の基準として幅広く活用されています。金利を「LIBOR+α」「LIBOR-α」と示すことがありますが、信用力が高ければLIBORより低金利になり、信用力が低ければ金利が上乗せされます。また、スワップ取引やデリバティブ取引の際に利用するリスクフリーレートや割引率も、LIBORが基準です。LIBORの不正操作が指摘された英大手銀行バークレイズの問題は、金利の提示で不正操作が言及されました。基準金利への信認が揺らがないような対策が求められます。
Financial用語
TIBOR
概要
お金の仕入れ価格のようなもので、変動金利の指標ともなっている。東京の市場で銀行同士が資金を融通し合う時に提示する取引金利。
解説
TIBOR(Tokyo Inter Bnak Offered Rate:東京銀行間取引金利)は、銀行が顧客に貸すお金を東京市場で他行から借りる時の金利で、ロンドン市場のLIBORの日本版です。各々の銀行が、それぞれインターバンク市場で提示した金利を「〇〇銀行TIBOR」と呼び、TIBORは一般に全国銀行協会が公表する金利の全銀協TIBORを言います。指定されたレート提示銀行の取引金利で、1週間物、1~12ヶ月物の13種類の金利があり、それぞれの期間金利の指標となります。全銀協TIBORには、本邦オフショア市場で取引されている円の実勢金利を反映した「ユーロ円TIBOR」と、無担保コール市場の実勢金利を反映した「日本円TIBOR」があります。LIBORの不正操作問題を受け、全銀協ではTIBORの透明性を高める政策の導入が求められます。

関連記事

  1. 金融市場、需要と供給【金融用語 金融市場編】

  2. ADR、外国債【金融用語 金融商品編】

  3. 金融機関、預金取扱金融機関【金融用語 金融機関編】

  4. 株価チャート【金融用語 金融商品編】

  5. NYダウ、日経平均株価【金融用語 金融市場編】

  6. CB、劣後債【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】モバイルウォ…

設定方法

Symbol Wallet バージョンアップの方法【シンボルウォレット更新】アッ…