リスク[Lisk](LSK)

Lisk(リスク)は、JavaScriptベースのブロックチェーンアプリケーションの開発と配布を可能にする、次世代プラットフォームを提供する暗号化技術です。

Lisk(リスク)は、LSKトークンによって強化されたオープンソースのブロックチェーンプラットフォームで、開発者はJavaScriptのプログラミング言語で書くことができます。独自のカスタムトークンを使用して、Liskネットワークにリンクされた独自のサイドチェーン上に、アプリケーションを構築する機能を開発者に提供します。

ブロックチェーンの開発をより容易にするという目的で、Liskは2016年5月にMax KordekとOliver BeddowsによってCryptiからフォークされました。リストされた直後に、Lisk(リスク)はBitcoin(ビットコイン)に対して2番目に人気のある暗号化方式になりました。Lisk(リスク)は使いやすいインタフェースを提供し、フル機能のエコシステムにアクセスできます。

Lisk(リスク)を通じて、開発者はカスタマイズされたブロックチェーン、スマートコントラクト、クラウドストレージ、およびコンピューティングノードの使用を可能にする暗号化されたシステムで、アプリケーションを構築、公開、配布、収益化することができます。

Bitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)など、他の暗号通貨(仮想通貨)の最大の問題の一つはスケーラビリティです。Liskプラットフォームは、開発されたアプリケーションごとにサイドチェーンを実装しているため、拡張するのがはるかに簡単です。

別のアプリケーションブロックチェーンで何か問題が生じた場合、アプリケーションがサイドチェーンで開発されているので、Liskブロックチェーンに影響を与えないため、Liskにハードフォークを強制しません。サイドチェーンは、アプリケーション開発者のセキュリティとアプリケーションの高速化を意味します。

  • 概要
  • Lisk ID
  • ヴォーティング(VOTING)

リスク[Lisk](LSK)

通貨単位 LSK
暗号化方式 SHA-256
コンセンサス・アルゴリズム DPoS(デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)
発行上限枚数  無制限

Lisk IDの概要と作成手順

Lisk IDの概要

個人アカウントのLisk IDを作成してログインすることで、Lisk Hubの機能が使えるようになります。このLisk IDは、複数の図形と不規則な数文字列の組み合わせで作成され、Liskアバターと呼ばれるユニークロゴが生成されます。Liskアバターは、同一デザインで発行されることがないので、他のユーザーのロゴと被ることはなく、暗号通貨(仮想通貨)の送受信時のアドレス判別などの見分けが付きやすくなるなどの利点もあります。

Lisk IDの作成手順

①公式サイトにアクセスする→公式サイト
②右上の「Lisk Hub」ボタンを押します。

③「Create Lisk ID」をクリックします。

④画面上でマウスを動かし画像を密集させます。

⑤生成された”Liskアバター”と”Lisk ID”が表示されますので「Get Passphrase」ボタンを押します。
Lisk IDは、ご自身のLisk Nano walletのアドレスになります。

⑥「I understand(同意)」をスライドさせます。

⑦次に「Carefully write it down(慎重に控えてください)」画面が表示されますので、右にスライドさせてください。

⑧12個のパスフレーズが表示されるので、メモやコピーなどで控えて「Yes! it’s safe」ボタンを押します。

【注意】このパスフレーズは重要なものになりますので、オンライン上には保存せずに、また他に漏らさないように厳重に管理するようにして下さい。知られてしまうと、アカウントのログインやLisk Nano Wallet(Liskウォレット)に侵入される可能性があります。

⑨空欄になっているパスフレーズに、先ほど控えた12個のパスフレーズを確認し、該当するパスフレーズを選択します。

⑩アカウントが認証されます。「Get To Your Dashboard」ボタンを押してLisk Hubのダッシュボードに移ります。

⑪Lisk Hubのダッシュボード画面になり、様々な管理ができるようになります。

以上の手順でLisk IDの作成は完了となります。

ヴォーティング(VOTING)のやり方・設定方法

ヴォーティングの設定方法

事前にWalletにLSKを預けておいてください。投票には手数料がかかります。
①Lisk Hub管理画面左下の「More」をクリックします。

②スライドを右に移動させると「Delegates」が表示されるのでクリックします。

③1回の投票は最大33人までで、1LSKの手数料が掛かります。最大101人まで選ぶ場合は、4LSKの手数料が掛かります。
WalletにLSKがある状態で「Next」ボタンを押します。

④投票内容の確認画面が表示されるので、スワイプさせると投票を提出した画面になり完了です。

コンテンツ一覧

  1. ネットワーク用語

    Felica【Mobile 関連用語】
  2. ネットワーク用語

    SIMカード【Mobile 関連用語】
  3. ネットワーク用語

    輻輳【Mobile 関連用語】
  4. ネットワーク用語

    テザリング【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP