データ共有を分散する中国の国家電力会社の目のブロックチェーン

国営電力会社の独占であるChina State Grid Corporationは、「インターネットのエネルギー」計画を進めるために技術をブロックすることを目指している。

昨年11月に中国国家知的所有権庁に提出され、先週リリースされた特許出願では、消費者の消費電力などの情報を保存し追跡することができると主張しているブロックチェーン電源システムの探索が詳述されている分散した方法でデータを共有することができます。

この提出書類によれば、ユーティリティのインターネット「インターネット・オブ・エナジー」の考え方は、物事のインターネットを参照するコンセプトであり、電力消費と発電に関する情報をインターネットに統合してウェブ対応機器でのデータ追跡を容易にすることです。

同社は、このようなシステムを集中化すると膨大なデータを処理する際の運用コストが高くなり、セキュリティ侵害のリスクが高くなる可能性があることをアプリケーションで説明しました。したがって、企業は、新しく生成されたデータをハッシュ関数で渡し、改ざん防止ブロックチェーンに結果を格納できる分散システムを提案しています。

特許のコンセプトは、元のブロックチェーンの基本的なメカニズム、すなわちビットコインと同様に見えるかもしれませんが、中国の大企業からビジネスを進める上でブロックチェーン技術を探求し、潜在的に採用することになります。

シノケム、中国の国有石油化学巨人は、最近シンガポールに泉州の中国の都市からガソリンをエクスポートするblockchain技術を使用試験を完了しました。

さらに、4つの国有商業銀行の1つである中国銀行も、ブロックチェーンに直面するスケーリング問題を解決する能力を持つと主張する解決策を特許に移した。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP