IDG、1000万ドルの投資で暗号トークンimTokenを後押し

中国に本社を置くcryptocurrency wallet imTokenは、ベンチャーキャピタルのIDG Capitalが完全に資金を調達した1000万ドルのシリーズAラウンドを閉鎖したと発表した。

2016年に設立されたimTokenは、業界初の専用エテリアルウォレットサービスとして業界に参入しましたが、その後「エアードロップ」やICO発行などのトークンを30,000プラスに拡張しました。

同社は、リリースで、新しいエクイティファイナンスを使って海外事業を拡大し、製品開発のための技術スタッフを雇うと述べた。

ImTokenのCEO、Ben Heは、従業員は40人以下で、日本、韓国、ベトナム、ナイジェリアなどのアジア諸国とアフリカ諸国で新しいプレゼンスを構築するとともに、主にシンガポールでチームを拡大する予定であると語った。

さらに、同CEOは、6月末にセキュリティ関連の新しい製品を発表する予定であると述べたが、詳細は明らかにしなかった。

IDGキャピタルは、業界の新興企業に一連の投資を行ったことで、暗号侵害業界で注目されています。

これまでにCoinDeskによって報告されたように、IDGはCoinbaseの著名な7,500万ドルのシリーズCラウンドに参加し 、Circleの5千万ドルの資金調達も行った(いずれも2015年に行われた)。最近では、VC社も中国に本拠を置くデータ暗号会社BiKanをスタートアップの1000万ドルの資金調達に参加する投資家。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP