SBI、トークンエクスチェンジ・テンプルムの10百万ドルの資金調達を支援

日本の大手SBIグループのベンチャーキャピタルであるSBIホールディングスは、トークン取引プラットフォームのTemplumをその暗号侵害ポートフォリオ会社に追加した。

テンプル は、SBIからの支援を受け、1000万ドルの資金調達を完了したと発表した。10月には、Raptor Group、Galaxy Investment Partners、Blockchain Capital、firstminute.capitalなどの投資家から270万ドルの資金を調達したことが明らかになりました。

Templumは、デジタル資産および有価証券の販売および取引のための規制準拠のプラットフォームを構築しようとしています。Templumによると、新しいファンドは、そのサービスと代替取引プラットフォームをさらに発展させるために使用されます。

新ラウンドは、スタートアップが Liquid Markets Groupのブローカー・ディーラーおよび代替取引システムLiquid M Capital LLC を買収してから数ヶ月後に始まる。当時、証券取引委員会の元委員であったトロイ・パレデス(Troy Paredes)を含む顧問委員会も発表した。

今回の新たな投資は、SBIの最新の動きであり、暗号侵害ポートフォリオ企業のグループをさらに多様化させています。日本の金融巨人は3月、台湾を拠点とする暗号ハードウェアウォレットメーカーCoolBitXの株式を取得したと発表した。

現時点では、SBI Holdingsは、ICOプラットフォーム、ウォレットサービス、暗号化交換などの暗号化エコシステムや、国境を越えた送金に重点を置いたリップルとの合弁事業など、さまざまな事業に既に参加しています。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP