ネットワーク用語

パケット(packet)【TCP/IP関連用語】

パケット

小包(packet)という意味で、コンピュータ通信において通信データを小さく分割した集合体のこと。

概要
通信路上を1秒間に流せるデータ量は、ネットワークの規格ごとに定められています。そのため大きなデータを分割せずにそのまま送ってしまうと、それ以外のコンピュータの通信はその間一切行うことができません。この問題を解消するために、データを小さなパケットに小分けにして送り、通信路を共有できるようにしています。
解説
コンピュータ通信において、小さく分割された通信データの一つの集合体のことで、小包(packet)という意味からパケットと呼ばれています。ネットワーク上を分割されずに大きなデータがそのまま送られてしまうと、そのデータのみで回線が占有されてしまい、他のコンピュータ機器が全く通信できないという問題が生じてしまいます。

そのため、回線を共有できるように、通信データをパケットという単位に小さく分割して通信しています。パケット通信とは、このようにデータをパケットに分割して送受信する通信のことをいいます。

パケットには、送信元や送信先のアドレスといった属性情報が必ず付加されています。この情報は小包に添付される荷札のようなものであり、この荷札の情報を元にパケットは、ネットワーク上を間違いなく正確に宛先へと届けられていきます。

パケットに付加される情報には、そのパケットが用いるネットワークプロトコルに関しても記録されています。同一のネットワーク回線上でも、複数のネットワークプロトコルが混在して利用することができるように、この付加情報が記録されています。

荷主(アプリケーション)が送りたい荷物(通信データ)を小さな小包(パケット)に分割し、小包には紛失しないよう荷札を添付するとイメージしてください。この時に、荷札にはその小包の配送を担当する業者指定のものを利用するといった流れで、業者に相当するのがネットワークプロトコルです。

関連記事

  1. Cookie【インターネット関連用語】

  2. NAS【ハードウェア関連用語】

  3. WAN【ワイド・エリア関連用語】

  4. HTML【インターネット関連用語】

  5. ICMP【インターネット関連用語】

  6. Dynamic HTML【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP