カテゴリー別ランキング

時価総額

1

ビットコイン[Bitcoin](BTC)

ビットコインは、銀行券や企業のポイントと異なり、発行・流通・決済を受け持つ管理者がおらず、すべてがプログラムコードに従って動く世界で初めてのP2P電子キャッシュシステムです。

3

リップル[Ripple](XRP)

リップルは、グローバル決済ソリューションとして開発された仮想通貨です。厳密には、サンフランシスコに本拠を置くRipple, Inc.が開発するリップルの決済ネットワーク上において、 ブリッジ通貨として利用される仮想通貨をXRPと呼びます。

7

ネオ[NEO](NEO)

NEOはブロックチェーン技術とデジタルアイデンティティを活用して資産をデジタル化し、スマートコントラクトを使用してデジタル資産の管理を自動化し、分散ネットワークで「スマートな経済」を実現する非営利のコミュニティベースのブロックチェーンプロジェクトです。

9

イオス[EOS](EOS)

EOSコインは、関連するERC-20スマートコントラクト(「EOSトークン」)に従って、Ethereumブロックチェーン上に配布されるERC-20互換トークンです。

10

ダッシュ[Dash](DASH)

DASHはオンライン操作可能なデジタル通貨です。一般ユーザーはDASHを通して、安全な即時払いを利用できます。会社の方は全世界千万人のユーザーがサポートしているオープンソース決済プラットフォームを利用できます。

11

アイオータ[IOTA](IOTA)

IOTAは革新的な新世代の公的分散型台帳であり、その中核に「Tangle」と呼ばれる新しい発明を利用しています。Tangleは、Directed Acyclic Graphに基づく新しいデータ構造です。

12

モネロ[Monero](XMR)

Monero [XMR]は、Bitmoneroから生まれたまったく新しい暗号通貨です。BytecoinのフォークであるMonero(XMR)は、CryptoNight(64ビットCPUのみ)を採用しています。PoWハッシュアルゴリズムとCryptoNoteプロトコルに基づく、匿名で分散型の暗号通貨です。

13

ネム[NEM](NEM)

NEMは、デジタル通貨だけでなく、あらゆる種類のアプリケーション開発者のためのパワフルで合理的なプラットフォームとして構築されています。

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP