QUOINEX(コインエクスチェンジ)

高い流動性と高機能なツールが優秀なQUOINEX、取引できる通貨ペアは業界最多。

世界最高水準のスペック、安心・安全な取引システムを備えるQUOINEX。アップタイム99.95%の業界最高水準の セキュリティ。取引処理性能、毎秒100万の世界最高速の 取引エンジン。海外取引所への接続は15社以上、コールドウォレットのマルチシグ化で、ビットコインを安全に管理。

スペック

手数料
ビットコインの現物売買手数料無料。
総合評価
セキュリティ
顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化。
スマホ対応
取引アプリで外出先でもストレスなく取引。
取引ツール
世界最高速の取引エンジンを備え、相場変動時の大量注文もカバー。
取引所の信頼度
資本金:約20億円
日本仮想通貨事業者協会理事
  • 概要
  • 入出金手数料
  • 取引手数料
  • 取扱通貨
  • 取引ルール
  • 口座開設

QUOINE株式会社の概要

会社名 QUOINE株式会社
設立 2014年11月
登録番号 関東財務局長 第00002号(仮想通貨交換業)
代表者 代表取締役 栢森 加里矢
住所 〒102-0093
東京都千代田区平河町2-7-3 PMO平河町2階
加入協会 日本資金決済業協会、日本仮想通貨事業者協会、日本ブロックチェーン協会
公式サイト 公式サイトリンク

QUOINEXの入出金手数料

日本円(JPY) 仮想通貨
入金 無料
(銀行手数料は負担)
無料
出金 出金手数料:500円
(銀行手数料は負担)
無料
仮想通貨誤入金回復手数料 入金数量の10%
※処理手数料:500QASH

QUOINEXの取引手数料

対象取引 ベース通貨ペア ノンベース通貨ペア
(アルトコイン含む)
取引手数料 現物取引
差金決済取引
無料 約定金額の 0.25%
ポジション料 差金決済取引 0.05% / 日 0.05% / 日

QUOINEXの取扱通貨

 ロゴ 通貨名 通貨記号
bitcoin(ビットコイン) BTC
Ethereum(イーサリアム) ETH
BitcoinCash(ビットコインキャッシュ) BCH
Litecoin(ライトコイン) LTC
Ripple(リップル) XRP
Nem(ネム) XEM
Ethereum Classic(イーサリアムクラシック) ETC
QASH(キャッシュ) QASH

QUOINEXの取引概要

現物取引 ビットコイン 差金決済取引 ビットコイン
最小発注量(1 回あたり) 0.001BTC
※ 0.001BTC 未満の BTC を売る場合は全数量の売り注文をする必要があります。
0.001BTC
※ 0.001BTC 未満の決済(反対売買)を行う場合は全ての建玉を反対売買する必要があります。
取引(建玉)上限
※ 但しマーケットテイカーの場合は 1 時間当たりの取引上限は差金決済取引と合わせて 500BTC で
す。

※ 但しマーケットテイカーの場合は 1 時間当たりの取引上限は現物取引と合わせて500BTC です。
最大発注量(1 回あたり) 100BTC
※ 但しマーケットテイカーの場合は 1 時間当たりの取引上限は差金決済取引と合わせて 500BTC です。
100BTC
※ 但しマーケットテイカーの場合は 1 時間当たりの取引上限は現物取引と合わせて500BTC です。
現物取引 イーサリアム 差金決済取引 イーサリアム
最小発注量(1 回あたり) 0.01ETH
※ 0.01ETH 未満の ETH を売る場合は全数量の売り注文をする必要があります。
0.01ETH
※ 0.01ETH 未満の決済(反対売買)を行う場合は全ての建玉を反対売買する必要があります。
取引(建玉)上限
最大発注量(1 回あたり) 1,000ETH 1,000ETH
現物取引 ビットコインキャッシュ 差金決済取引 ビットコインキャッシュ
最小発注量(1 回あたり) 0.01BCH
※ 0.01BCH 未満の BCH を売る場合は全数量の売り注文をする必要があります。
取り扱いなし
取引(建玉)上限 取り扱いなし
最大発注量(1 回あたり) 取り扱いなし
現物取引 キャッシュ 差金決済取引 キャッシュ
最小発注量(1 回あたり) 1QASH
※ 1QASH 未満の QASH を売る場合は全数量の売り注文をする必要があります。
1QASH
※ 1QASH 未満の決済(反対売買)を行う場合は全ての建玉を反対売買する必要があります。
取引(建玉)上限
最大発注量(1 回あたり)
現物取引 ネム 差金決済取引 ネム
最小発注量(1 回あたり) 1XEM
※ 1XEM 未満の XEM を売る場合は全数量の売り注文をする必要があります。
取り扱いなし
取引(建玉)上限 取り扱いなし
最大発注量(1 回あたり) 取り扱いなし
現物取引 リップル 差金決済取引 リップル
最小発注量(1 回あたり) 1XRP
※ 1XRP 未満の XRP を売る場合は全数量の売り注文をする必要があります。
取り扱いなし
取引(建玉)上限 取り扱いなし
最大発注量(1 回あたり) 取り扱いなし
現物取引 ライトコイン 差金決済取引 ライトコイン
最小発注量(1 回あたり) 0.05LTC
※ 0.05LTC 未満の LTC を売る場合は全数量の売り注文をする必要があります。
取り扱いなし
取引(建玉)上限 取り扱いなし
最大発注量(1 回あたり) 取り扱いなし
現物取引 イーサリアムクラシック 差金決済取引 イーサリアムクラシック
最小発注量(1 回あたり) 0.1ETC
※ 0.1ETC 未満の ETC を売る場合は全数量の売り注文をする必要があります。
取り扱いなし
取引(建玉)上限 取り扱いなし
最大発注量(1 回あたり) 取り扱いなし

QUOINEX 口座開設の登録手順

STEP1 口座開設申込み

公式サイトにアクセスする
②「口座開設はこちら」のボタンを押します。
■新規登録(仮登録)
居住地国Japan(日本)が選択されていることを確認して「次へ」を押します。

口座種別(個人、法人)を選択し、メールアドレス、設定するパスワード(大文字、小文字、数字が必要)を入力し、2箇所の同意項目のボックスをチェックします。
※パスワードは長くて推測されにくいものにし、他で使用しているパスワードの使い回しは避けて、忘れないように控えておきましょう。

氏名、生年月日を入力後、性別と国籍を選択し、同意項目のボックスをチェックします。

連絡先(住所、電話番号)を入力し職業を選択します。

主な収入源、年収、投資可能額、投資目的の該当する項目を選択し、これまでの投資経験を選択して最後に「次へ」を押します。

問題が無ければ、2箇所の同意項目のボックスをチェックして「次へ」を押します。

画像認証の画面に切り替わった場合は、指示通りの写真を選択し、最後に確認を押すと仮登録が完了します。

STEP2 申込み内容確認

仮登録が完了すると下の画面になります。

登録したメールアドレスに、下の画面のように認証用URLが送られてきますので、メール内の「Confirm my account」を押して本登録手続きに進みます。

メールアドレス、パスワードを入力して「ログイン」を押します。
※新しいIPアドレスで下の画面のように表示された場合は、登録したメールアドレスにメールが届きます。

もう一度、届いたメール内の「Click here to enable the new IP address」を押してログインし直します。

STEP3 本人確認書類の提示

画面右上に表示されているメールアドレスから、「ステータス:書類未提出」を押します。

本人確認書類は、以下のものが該当します。
・運転免許証
・住民基本台帳カード
・個人番号カード
・パスポート
前もってスマートフォンやパソコンのカメラで、確認書類の文字がはっきり見えるように表裏の2点を撮影しておきます。
「ファイルを選択」から撮影した写真のファイルを選択し、チェックボックスを確認し「本人確認書類をアップロードする」を押します。

STEP4 お申込み完了

アップロードが終わり、「書類審査中」の表示になっていれば提出が完了しています。

STEP5 開設審査開始

その時の申し込み状況にもよりますが、アカウントが認証され郵送物が届くまでには、3日~1週間程度かかります。

STEP6 口座開設完了

審査を通過すると、数日後に登録した住所宛てに確認書類(ハガキ)が届きます。
確認書類(ハガキ)の受け取りが完了すれば、アカウントが承認され本登録完了となります。

確認書類(ハガキ)受取後、「約2営業日」でQUOINEXが郵送物の受取を確認し、ステータスが認証済に反映されると取引が可能になります。

STEP7 2段階認証の設定

取引を開始する前に不正ログインの対策として、ログインパスワードに加えて、セキュリティを強化する設定を行うようにして下さい。
二段階認証は一つでも問題はありませんが、他にも選択ができるのであれば、設定しておくことでさらにセキュリティが高まります。

※アプリ認証の注意点
機種変更等の際は、アプリ内の設定は引き継がれないので、一度、二段階認証を解除する必要があります。
新機種に再度アプリをインストールし、QRコードを読み取り設定し直してください。
解除を忘れて機種変更等で確認コードが見れなくなった場合は、取引所の「お問い合わせ」から対応を依頼してください。

画面右上に表示されているメールアドレスから、「2段階認証:未設定」を押します。

「2段階認証を有効にする」を押します。

2段階認証アプリを取得されていない場合は、事前にダウンロードしておいてください。Google Authenticatorを推奨します。
表示されているQRコードをスマートフォンにインストールした認証アプリで読み取ります。
QRコードを正常に読み取るとアプリに6桁の数字が表示されますので、その数字を枠内に入力し最後に「2段階認証を有効にする」を押します。

※表示されている16ケタの英数字は、QRコードを使用できなくなった際に必要となるので控えておきましょう。

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP