ネットワーク用語

SMTP【インターネット関連用語】

SMTP

インターネットメールの送信用に用いられるプロトコルです。

概要
このSMTPに対応したサーバのことをSMTPサーバと呼びます。電子メールを実際の郵便に置き換えて考えると、ポストから相手の郵便受けに届けるまでが、SMTPの役割となります。SMTPサーバには次のような2つの仕事があります。
郵便ポスト:電子メールソフトから送信された、メール本文を受け付けます。
郵便屋さん:メールアドレスで指定された宛先メールサーバまで、電子メールを配送します。
解説
インターネットメールの送信用に用いられるネットワークプロトコルで、通常は通信ポートとして25番を使用します。このSMTPに対応したサーバをSMTPサーバ、もしくは送信用サーバなどと呼びます。インターネット上で行われる電子メールの送受信は、それぞれ別々のプロトコルによって成り立っています。このうち、電子メールの送信用に用いるプロトコルがSMTPです。

電子メールソフトからメールサーバヘ送信する際や、メールサーバ間で電子メールのやり取りを行う時に利用します。電子メールを送信すると、そのデータは送信者のSMTPサーバへ送られ、さらにSMTPサーバから宛先側のSMTPサーバヘと送られて、受信者(宛先として指定したメールアドレス)のメールボックスに保存されます。このメールボックスとは、メールサーバ内にある個人用フォルダのことで、インターネット上に設置された私書箱のような役割を果たします。

つまり送信されたメールは、相手先の私書箱で保存されて、実際にそのユーザが受け取りにくるまで保管されているということになるのです。SMTPの役割はここまでであり、実際にメールボックスから受信メールを取り出すのはPOPという受信用プロトコルの仕事となります。このように送信と受信とを切り分け、送信時にはインターネット上のメールボックスまで届けるまでとすることで、受信側のコンピュータがインターネットに接続されていなくとも、電子メールは問題なく相手に届けられるのです。

関連記事

  1. ネットワークプロトコル【TCP/IP関連用語】

  2. クラウド【インターネット関連用語】

  3. プロキシサーバ【サービス・プロトコル関連用語】

  4. WINS【サービス・プロトコル関連用語】

  5. ローミング【Mobile 関連用語】

  6. NTP【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP