ネットワーク用語

SSL【インターネット関連用語】

SSL

インターネット上で安全に情報をやり取りするために用いる暗号化プロトコルです。

概要
お互いの認証とデータの暗号化を施すことで、安全な通信を実現します。インターネットで行う通信は、「なりすまし」やデータの盗聴、改ざんといった危険に常時さらされています。
なりすまし:通信相手になりすまして、データを盗みます。
盗聴や改ざん:経路上でデータの盗み見や、書き換えを行います。
解説
旧Netscape Communications社の開発した暗号化プロトコルで、インターネット上で安全に情報をやり取りするために使用されます。インターネット上の通信においては、他者が本来の通信相手の振りをする「なりすまし」や、通信経路途中での盗聴やデータの改ざんなど、様々な危険が存在します。これらはいずれも、クレジットカード番号やパスワードなどの重要な情報が奪われる危険性をはらんでいます。

SSLを利用した通信では、ネットワーク上でお互いを認証できるようにすることで「なりすまし」を防ぎ、通信データを暗号化することによってデータの盗聴や改ざんを防ぎます。こうした安全性は、インターネット上のオンラインショッピングなど、ネット上のサービスを多様化させるために欠かせない重要な要素と言えます。

Microsoft社のInternet Explorerや、Mozilla財団のFirefoxといった主要なWWWブラウザはSSLに対応しており、これらを利用していた場合には、SSL対応サーバとの間で安全な通信を行うことができます。OSI参照モデルで言うと、SSLはトランスポート層とアプリケーション層との間に位置します。上位のアプリケーション層からは、特定のプロトコルに依存せず利用することができますので、HTTPやFTPなど様々なプロトコルで安全な通信を可能にします。

関連記事

  1. FTTH【ワイド・エリア関連用語】

  2. LANケーブル【ハードウェア関連用語】

  3. リング型LAN【ローカル・エリア関連用語】

  4. ネットワークプロトコル【TCP/IP関連用語】

  5. Webサイト【インターネット関連用語】

  6. ISDN【ワイド・エリア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP