ネットワーク用語

TCP/IP【TCP/IP関連用語】

TCP/IP

IPを中心とした複数プロトコルの集合体の総称。インターネットの世界で標準として用いられているネットワークプロトコルです。

概要
基本となるIPでは、各機器を識別するためのIPアドレスという概念と、そのアドレスを元にパケットを伝送するといった役割りを担当します。それにどのようにバケットを届けるべきかが定義された、上位層のプロトコルを組み合わせることで通信が行われます。
解説
インターネットの世界において標準として使用されているネットワークプロトコルで、OSI参照モデル第3層(ネットワーク層)のIPを中心とした、複数プロトコルの集合体を総称してTCP/IPと言います。

主に第4層(トランスポート層)のTCPとの組み合わせによって構成され、インターネット上のサービスとして代表的なWWWのHTTPなどは、このTCP/IPのプロトコルを基礎として動作しています。

通信上でやり取りされるデータは、パケットという単位に分けられて、個々に宛先住所(相手先IPアドレス)が付加されます。ネットワークを介して、データが相手先のIPアドレスまで届けられていきます。

下位層となるIPでは、ネットワーク上における各機器のアドレス割り当てや、そのアドレスをもとにパケットを伝送する役割りを備えます。シンプルに言えば、機器の住所を定め、そこまでデータを届けるためのプロトコルというもので、先述した宛先住所IPアドレスの付加や送信の役割りを担うことになります。

上位層となるTCPでは、このパケットの受信確認を行うことで、正確に順番通りにパケットが届けられることを保証します。この確認作業によって信頼性の高い、確実なデータ送受信が可能となります。

ただし受信確認やパケットの再送といった手順により、TCPは非常に重いプロトコルとなってしまいます。そのため、UDPという信頼性よりも速度や処理の軽さといった点を重視するプロトコルも用意されており、用途に応じて使い分けることができます。

関連記事

  1. Token Ring【ローカル・エリア関連用語】

  2. プライベートIPアドレス【ローカル・エリア関連用語】

  3. DNS【サービス・プロトコル関連用語】

  4. WINS【サービス・プロトコル関連用語】

  5. コンピュータウイルス【インターネット関連用語】

  6. 専用線【ワイド・エリア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP