Financial用語

地下銀行【金融用語 金融機関編】

Financial用語
地下銀行
概要
不正に海外に送金する業者のこと。正規の銀行を利用できない不法就労者などが、母国などに送金するために利用しています。
解説
銀行法では、送金などの為替業務は、銀行の固有業務として、銀行業の免許を持つ金融機関のみに認められています。しかし、現実には、この免許を持たずに不正に海外などに送金する組織が違法に存在し、地下銀行と呼ばれています。本来、金融機関で取引をする者は、住民票やパスポートなどの本人確認が必要です。在留資格のない不法滞在の外国人や犯罪行為などで得た資金を送金(マネー・ローンダリング)する場合は、銀行法に基づいた金融機関の利用を避けるのが通常です。そこで、このような資金の送金を担う地下銀行が重宝され、海外送金や資金洗浄の際に利用されます。地下銀行の営業は、銀行法違反です。なお、地下銀行は、中国で問題が浮上しているシャドー・バンキングとは別のものです。

関連記事

  1. M&A、TOB【金融用語 金融商品編】

  2. デフォルト、ジャンク債【金融用語 金融商品編】

  3. NYダウ、日経平均株価【金融用語 金融市場編】

  4. 株主優待、株式分割【金融用語 金融商品編】

  5. インターネットバンキング、異業種の銀行参入【金融用語 金融機関編】

  6. 公的年金、企業年金【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP