ネットワーク用語

WAN【ワイド・エリア関連用語】

WAN

距離的に離れたネットワークやLAN同士を、専用線などによって接続したネットワークをWANと呼びます。

概要
接続する方法としては、以下のようなものがあります。
専用線:拠点間を貸し切りの専用回路で接続します。かなりコストがかかります。
ダイアルアップ:必要な時だけ拠点間を公衆回線経由でダイアルアップ接続します。通話時間によってコストが変動します。
VPN:インターネット上に仮想的な専用線空間を作り出して拠点間を接続します。コスト的には安く済みますが、セキュリティ面で注意が必要です。
解説
WANとはワイド・エリア・ネットワークの略で、距離的に離れたコンピュータやLAN同士を専用線などによって接続したネットワークを示します。たとえば企業で支社間同士を接続するなど、そういったネットワークを想像すると良いでしょう。日本語にすると広域通信網という意味になり、LANのように自前でケーブル接続するのではなく、通信事業者の提供する広域網などを利用して構築することになります。

従来WANを構築する際には、専用線を契約して支社間を接続するか、もしくは必要に応じて支社間で公衆回線によるダイアルアップ接続を行うといった方法が一般的でした。しかし専用線を用いると、接続する2点間の距離と回線速度に応じてコストが跳ね上がり、ダイアルアツプ接続の場合でも、やはり距離と時間に応じて通信料がかさむことになってしまいます。

これに対し、現在ではインターネットの通信網を利用したVPN(Virtual Private Network)が安価にWANを構築する手法として注目を浴びています。これは、インターネットのような不特定多数のユーザが利用する通信網を、暗号化技術によって仮想的な専用線として利用するものです。当初は情報の漏洩や改ざんといった懸念が強かったものの、暗号化技術の発達やセキュリティを念頭においたネットワークプロトコルの確立などによって、安価な専用ネットワークの構築が可能となりました。

関連記事

  1. インスタントメッセージ【インターネット関連用語】

  2. HTTPS【インターネット関連用語】

  3. ブロードバンド【ワイド・エリア関連用語】

  4. NetBIOS【サービス・プロトコル関連用語】

  5. ポート番号【TCP/IP関連用語】

  6. クラウド【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP