ネットワーク用語

無線LAN【ローカル・エリア関連用語】

無線LAN

ケーブルを使用せず、電波などを使って無線で通信するLANのことです。

概要
Ethernet規格のひとつである「IEEE802.11b」の登場によって普及が進みました。次の2つの接続方法があります。アドホックモード:一無線LANアダプタ同士で直接通信を行います。インフラストラクチャモード:アクセスポイントと呼ばれる基地局を中心として通信を行います。
解説
ケーブルを必要とせず、電波などを使って無線で通信を行うLANのことです。特にEthernet規格の1つである「IEEE802.11b」の登場から爆発的に普及が進み、オフィスだけでなく家庭でも広く利用されるようになりました。無線LANを利用するためには、対象となるコンピュータに無線LANカードを設置する必要があります。

無線LANには、この無線LANカード同士で通信を行う「アドホックモード」と、「アクセスポイント」と呼ばれる基地局を設置して、その基地局を中心に通信を行う「インフラストラクチャモード」という2種類の接続方法が存在します。アクセスポイントを利用する場合、この基地局は有線のLANでいうところのハブに相当する役割りを果たします。

「IEEE802.11b」の後は、より高速な規格である「IEEE802.11g」が主流となり、さらに普及が進みました。それでも通信速度は54Mbps、実効速度でいえば20Mbps前後と、有線のLANとして当時主流であった100BASE-TXと比較した場合、決して高速とは言えません。しかしインターネットの利用に関しては十分な速度であることと、レイアウトの変更や機器の増減に際してケーブルを引き回さなくてもよいというメリットは大きく、やがてノートパソコンではほぼ標準的な機能であると言えるに至りました。

無線LANには他にも、IEEE802.11gと同じ54Mbpsの通信速度を持つ「IEEE802.11a」と、実効速度が100Mbpsと、非常に高速な「IEEE802.11n」という規格があります。現在ではこの「IEEE802.11n」に主流が移行しつつありますが、さらに高速な次世代の規格として「IEEE802.11ac」が登場しています。IEEE802.11acは「ギガビットWi-Fi」とも呼ばれており、その名の通り1Gbpsを超える速度が実現できるとされています。

関連記事

  1. ホームページ【インターネット関連用語】

  2. FTP【インターネット関連用語】

  3. UDP(User Datagram Protocol)【TCP/IP関…

  4. Java【インターネット関連用語】

  5. IPアドレス【TCP/IP関連用語】

  6. Ethernet【ローカル・エリア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP