暗号資産

ルナクラシック[Luna Classic](LUNC)

LunaClassic(ルナクラシック)とは

ルナクラシック(LUNC)は、テラクラシックとしてブランド変更された古いチェーンのネイティブコインです。

オリジナルのTerraブロックチェーンは、2018年1月にDo KwonとDaniel Shinによって開始され、2019年初めにLUNAのICOが開催されました。数年間、非常に優れたパフォーマンスを発揮し、その後、世界のトップ10の最大の暗号通貨(時価総額による)の1つになりました。

しかし、2022年5月初旬、TerraUSD(UST)ステーブルコインはUSDに対するペッグを失い、姉妹トークンのLunaと並んで暴落しました。それはまた、暗号通貨市場全体を引きずり下ろし、長い暗号通貨の冬の始まりを引き起こしました。

ブロックチェーンを復活させるために、Do Kwonは、Terraチェーンがハードフォークを経て2つのチェーンに分割され、新しいチェーンにはステーブルコインがないことを示す回復計画を考案しました。Terraバリデーターは2022年5月25日に計画を承認し、5月28日にTerra2.0がリリースされました。

Terra2.0のネイティブトークンはLUNAと呼ばれます。一方、元のTerraブロックチェーンはTerra Classicにブランド変更され、そのネイティブトークンはLuna Classic(LUNC)に名前が変更されました。

  • 概要
  • 詳細

ルナクラシック[LunaClassic](LUNC)

通貨単位 LUNC
コンセンサス・アルゴリズム DPoS(Delegated Proof of Stake)
発行上限枚数 6兆→100億LUNCに進行中

ルナクラシック[LunaClassic](LUNC)の詳細

ルナクラシック

LUNAという名前の最初のTerraブロックチェーンのネイティブトークン

ルナクラシック(LUNC)はもともと、2018年にローンチされたLUNAという名前の最初のTerraブロックチェーンのネイティブトークンとして作成されました。

その役割は、ブロックチェーンのアルゴリズムステーブルコインであるterraUSD(UST)の価格偏差を吸収するツイントークンとして機能することでした。USTは、1ドルの価格ペグでステーブルコインの需要と供給のバランスを取るために、USTトークンを作成および破棄することによって、米ドルに固定された価格を維持することになっていました。

USTがドルペッグを失い、2022年5月に崩壊したとき、トークンは超インフレスパイラルに陥りました。これは、USTをバックアップすることを目的としたアルゴリズムが何兆ものトークンを作成し、その価値がほぼ100%減少したためです。その結果、2022年4月初旬に119ドルの価値があったトークンは、2022年5月末までに1セントを下回りました。

LUNC今後の展望

6兆を超えるLUNCコインの循環供給は、トークン価格に悪影響を及ぼします。その結果、世界最大の暗号通貨取引所であるバイナンスは現在、LUNC取引で集めた取引手数料を燃やしています。バーンは2022年9月21日に開始され、取引所によるとバーンは無期限に続き、Binanceはそのプロセスを都度報告します。

さらに、Terraコミュニティは、提案3568および4159に賛成票を投じることにより、Terra Classicネットワーク上のすべてのLUNCオンチェーントランザクションに対して1.2%の税のバーンを承認しました。

Tax Burnメカニズムは、LUNCの全体的な供給を下げるために使用され、流通しているLUNCの総量が100億に達するまで続きます。その後、このメカニズムは無効になり、全体の供給量は100億で一定に保たれます。

LUNCの供給は焼却により将来的に制限されるため、これはコインの価格にとってプラスの展開になる可能性があります。KuCoin等のいくつかの暗号通貨取引所もtax burnを支持し動いています。

また、ブルームバーグの記事によると、人工知能を利用したクロスチェーンdAppポータルであるLithosphereの作成者であるKaj Labsが、新しいFinesseシリーズのゲームで2兆5000億のLUNCを消費し、そのために5,000万ドルから1億ドルを支援したと報告しました。

これにより、Lithosphereのコア開発者は、LUNCにゲーム機能を追加しながら、書き込みプロセスをスピードアップしたいと考えています。これにより、LUNCの生産量が大幅に削減され、価格が上昇する可能性があります。LUNCコミュニティはこの発表に対してさまざまな反応を示しました。

LUNCの購入を検討する必要がありますか?

トークンの供給を減らし、その価値を維持しようとするLUNCコミュニティの絶え間ない努力を考慮すると、LUNCには間違いなく明るい未来の展望があります。投資家は、ステーキングされたLUNCの割合と一緒にバーンされたトークンの数に注目することをお勧めします。

プロジェクトへの関心は日に日に高まっており、投資家はLUNCが現在の価格レベルから1ドル以上に戻る可能性があると確信しています。LUNCコミュニティが引き続きコインを宣伝し、トークンのステークとバーンを行うことで価格が上昇し続ければ、リスクを嫌う投資家がより参加する可能性があります。

時間が経つにつれて、LUNCトークンの法外な供給がゆっくりと減少することがわかります。これにより、下限価格が高くなり安定性が高まるはずです。今後数年間で、LUNCの50%以上がバーンされた場合、現在の取引価格からさらにいくつかのゼロが削除される可能性があります。

関連記事

  1. バイナンスコイン[BinanceCoin](BNB)

  2. Internet Computer(DFINITY)[ICP]

  3. バンクエラ[BANKERA](BNK)

  4. Symbol [シンボル] (XYM)

  5. イーサリアム[Ethereum](ETH)

  6. ステラルーメン[Stellar Lumens](XLM)

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

暗号資産

ルナクラシック[Luna Classic](LUNC)

暗号資産

バイナンスコイン[BinanceCoin](BNB)

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…