利用される暗号資産

バンクエラ[BANKERA](BNK)

BANKERA(バンクエラ)とは

Bankeraは、伝統的な銀行業務と暗号化に関連する銀行業務を統合する将来のデジタル銀行です。

BANKERA(バンクエラ)が運営する機関を利用するメリット

イギリス(英国)のBANKERA(バンクエラ)が運営するSpectroCoin(スペクトロコイン)という暗号通貨(仮想通貨)Exchangeでは、ウォレットで日本円(JPY)を扱っているので、日本円(JPY)を預けたりビットコインを日本円(JPY)に両替することもできます。

さらに金(ゴールド)にも交換することができ、例えばビットコインをウォレットに所持していて、ビットコイン価格が大幅に下落して価値が下がった場合に、瞬時に金や日本円に交換することができるので非常に便利です。

このSpectroCoin(スペクトロコイン)では、暗号通貨(仮想通貨)取引を含め、デビットカードの発行、決済代行サービス、e-wallet(電子マネー口座)など様々なサービスを展開し運営に成功しています。デビットカードは特にどこでも利用することができるとても便利なカードです。

SpectroCoin(スペクトロコイン)が発行するプリペイドデビットカードは、ビットコイン以外にも様々なアルトコインをデポジットできるプリペイドデビットカードです。SpectroCoin(スペクトロコイン)プリペイドデビットカードを使って買い物ができ、自分のウォレットからリアルタイムに引き落とされるというのが特徴です。

SpectroCoin(スペクトロコイン)プリペイドデビットカードは、世界中のあらゆるATMや通常の支払いカードとして店舗で使用できるカードを提供しています。SpectroCoin(スペクトロコイン)に登録して、ブロックチェーンウォレットに取引可能な暗号通貨や法定通貨を入金することで、資金の残高の範囲内でカードを使用することができます。

またExchangeでは、クレジットカード、デビットカード、銀行振込、現金を含む20種類以上の入出金方法が利用可能で、150ヵ国以上の国でビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ダッシュ(DASH)、ネム(XEM)を含む30種類以上の暗号通貨をサポートしています。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ダッシュ(DASH)、ネム(XEM)をメインとする暗号通貨(仮想通貨)を瞬時に売買することができます。交換レートはありますが決済手段のほとんどは瞬時に行われるため、すぐに希望する通貨で受け取ることができます。

今後も、BANKERA(バンクエラ)のサービスは発展していきます。バンクエラが発行する暗号通貨「Bankera(BNK)」、提供する自社取引所「BANKERA Exchange」、独自の銀行「BANKERA」へと続いていきます。

暗号通貨「Bankera(BNK)」は、保有しているだけで配当がもらえますので、バンクエラ(BNK)を保有する大きなメリットの一つです。SpectroCoin(スペクトロコイン)とBANKERA(バンクエラ)取引所で得た事業利益の20%が、BNK保有量に応じて毎週ETHもしくはXEMで配当されます。

取引所「BANKERA Exchange」は、BNKペアの取引はすべて取引手数料が無料になるという大きな魅力があります。主要な暗号通貨に加えて、ERC20,223およびNEMモザイクトークンをサポートするので、幅広い多くのアルトコインが上場すれば、バンクエラ取引所の需要は大きく高まり、流動性が上がりBNK自体の価値も上昇していきます。

銀行「BANKERA」は、ブロックチェーン時代の新しいかたちの銀行で、BANK(銀行)ERA(時代)には、電子マネー機能などBANKERAのエコシステムに次々と追加されていきます。Bankeraカードは、Bankeraウォレットに保持している資金を、従来のクレジットカードやデビットカードが受け入れられるあらゆる場所で使うことができます。

日本の銀行に預けているお金をSpectroCoin(スペクトロコイン)のブロックチェーンウォレット、後にBANKERA(バンクエラ)のウォレットに移して資産管理を行うと、カード1枚もしくはアプリ1つで私生活での支払い・管理が完結します。

日本円(JPY)での現金の引き出し・電子マネー支払い、海外での現地通貨の引き出し・電子マネー支払い、世界中での暗号通貨(仮想通貨)決済など、法定通貨と暗号通貨のあらゆる決済手段をサポートするBANKERA(バンクエラ)は、まさしくブロックチェーン時代のための銀行です。

キャッシュレス社会が浸透して成熟し、法定通貨よりも暗号通貨(仮想通貨)の方が決済に使われだしてくると、給料が暗号通貨(仮想通貨)で支払われることもあり、このような状況になればその資産を預ける場所が必要となります。

そうなれば必然的に従来の銀行と同様に、その預かった資産を世の中に循環させる役割が必要となります。バンクエラはその役割を担うパイオニア的存在で、時代の最先端を行く技術開発により、従来の銀行業務である投資・預金・ローンなどを法定通貨とかではなく、暗号通貨(仮想通貨)で全て管理していく構想を掲げています。

ブロックチェーンのテクノロジーを駆使し、革新的なサービスを提供するBANKERA(バンクエラ)は、世界から注目を浴びています。ユーロ(EUR)圏からサービスが始まることもありますが、様々な法定通貨に対応し、世界中のほとんどでサービスが提供できるよう進められています。

  • 概要
  • ロードマップ
  • Bankera取引所
  • ウォレット
  • Bankeraカード
  • SpectroCoin

バンクエラ[BANKERA](BNK)

通貨単位 BNK
仕様 ERC20トークン
発行上限枚数 250億BNK

Bankeraは、伝統的な銀行サービス(預金の受け入れなど)を備えたデジタル銀行であり、暗号化通貨と決済通貨の両方をサポートします。BANKERA(バンクエラ)の意味は、BANK(銀行)+ERA(時代)で、ブロックチェーン時代のためのデジタルバンクです。

BANKERA(バンクエラ)と従来の銀行の違いですが、テクノロジーを用いてカウンターパーティー(取引相手)を取り除くことで、商品を利用される顧客の銀行業務コストを削減します。例えば、送金会社は単に様々な国に迅速に送金処理をすることから生まれました。しかし、このような技術に伴って幾つものカウンターパーティーが現れてしまいました。

バンクエラは金融市場の中心的な立場に立つことで、多くのサービスをカウンターパーティーなしで提供することを試みます。従来の銀行の役割も担うバンクエラは、デジタルバンクにおいても「支払い」「ローンと貯金」「投資」の3つのサービスを提供します。

BANKERA(バンクエラ)のロードマップ

お支払

個人IBANやデビットカード、インターバンク・レート、決済代行、支払い口座などを多数の支払いサービスを提供します。これらすべてのサービスは、従来の法定通貨に加えて、BitcoinやEthereum、DASH、NEM、ERC20準拠トークンなどの仮想通貨での決済にも対応します。また、将来のバンクエラは、国内総生産(GDP)に連動する通貨や、お金に代わる上場投資信託(ETF)の使用など、革新的なソリューションも導入していきます。

ローンと預金

ローンと預金はバンクエラの中核となるサービスであり、我々の競争優位でもあります。 当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能。また、ほとんどのローンが決済代行ソリューションを利用するビジネスクライアントに提供されるため、 バンクエラの顧客は、借り手のキャッシュ・フローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。

投資

上場投資信託(ETF)、暗号通貨投資ファンド(様々な暗号通貨と暗号トークンから組み込まれたポートフォリオ)、ウェルス・マネジメントのためのロボアドバイザーなど 多数の低コストの投資商品を提供します。法人向けには、事業・経営戦略の資金調達などの投資銀行サービスも予定。

Bankera(バンクエラ)の取引所

Bankeraの取引所は、暗号化された通貨とトークンのための次世代レベルの取引ソリューションを提供します。この取引所は、Bitcoin、Ethereum、DASH、NEM、および他の暗号化通貨、ならびにERC20およびNEMモザイクトークンをサポートします。

取引所は高い流動性、透明な受注伝票、および低い手数料を提供します。さらに、BNK(Bankeraトークン)のユーティリティを提供するために、BNKを含むすべてのペアの取引は無料です。

Bankera(バンクエラ)のウォレット

Bankeraウォレットは、さまざまなブロックチェーンにアクセスするためのゲートウェイになります。したがって、顧客は、トップレベルのブロック間相互接続技術を利用して、異なるデジタル資産間のオフチェーンおよびクロスチェーン・トランザクションを容易にすることができます。

統合されたエクスチェンジによって、資産を容易に他の資産に変換することができます。サポートされているピアツーピア支払いでは、無料で友人に資金を送金することができます。

Blockchainベースの支払いに加えて、Bankera財布は、シームレスな預金と引き出しのためのさまざまな従来の支払いオプションへのアクセスを提供します。

Webおよびモバイル(iOS、Android、Windows Phone)アプリケーションを使用すると、どこからでも資産にアクセスできます。

Bankera(バンクエラ)のデビッドカード

Bankeraカードは、伝統的なクレジットカードまたはデビットカードが受け入れられるあらゆる場所で、Bankera財布に保持された資金を使うことができます。

Bankera財布を直接統合すると、カードを完全に管理することができます。仮想カードと物理カードが利用可能になり、お客様のニーズに最適なカードを選択することができます。

数回のクリックだけで、デビットカード残高と取引履歴をオンラインで簡単に監視することができます。

BANKERA(バンクエラ)の実需

BANKERA(バンクエラ)とSpectroCoin(スペクトロコイン)の違い・関係性

バンクエラの創業チームは、既に仮想通貨取引やewallet(電子マネー口座)、デビットカードの発行、並びに決済代行サービスの運営に成功しています。これらのサービスは、SpectroCoin(スペクトロコイン)というブランド名のもと運営されています。

関連記事

  1. リップル[Ripple](XRP)

  2. イーサリアム[Ethereum](ETH)

  3. ビットコイン[Bitcoin](BTC)

  4. ステラルーメン[Stellar Lumens](XLM)

  5. ネム/ゼム[NEM/XEM](XEM)

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP