ビットコインキャッシュ[Bitcoin Cash](BCH/BCC)

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、ビットコインネットワークのスケーラビリティ問題の解決方法の一つとして生まれたコインです。

取引所によってビットコインキャッシュをBCCと呼んだり、BCHと呼んだりすることがありますが、ビットコネクトコイン(BitConnectCoin)を指す場合を除き、いずれも同一のコインを示しています。Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、2017年8月1日にBitcoin(ビットコイン)のブロックチェーンから分岐(ハードフォーク)したアルトコインの一種です。

Bitcoin(ビットコイン)はユーザーの増加に伴い、Bitcoin(ビットコイン)の着金が遅くなるなどのネットワーク障害を引き起こすようになりました。Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、一部のマイナーの支持を得てBitcoin(ビットコイン)から分岐し、ブロックサイズを8MBに引き上げています。

ネットワーク障害の原因は、Bitcoin(ビットコイン)の取引を記録するブロックがすぐに一杯になり、取引がネットワークに認証されるまでに時間がかかり過ぎることでした。ネットワーク障害を解消するために提案されたのがブロックサイズを引き上げる方法と、取引を縮小化(セグウィット)させる方法です。

  • 概要
  • 詳細

ビットコインキャッシュ[Bitcoin Cash](BCH/BCC)

通貨単位 BCH/BCC
暗号化方式 SHA-256
コンセンサス・アルゴリズム PoW(プルーフ・オブ・ワーク)
発行上限枚数 2,100 万 BCH

ビットコインキャッシュ[Bitcoin Cash](BCH/BCC)の詳細

ビットコインキャッシュ

ビットコインとビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にビットコインから分裂(ハードフォーク)することで誕生した仮想通貨です。分裂時までにビットコインを所有していた人には、同量のビットコインキャッシュが付与されました。

ビットコインキャッシュの単位は「BCH」です。基本的な機能はビットコイン(BTC)と変わりませんが、技術的な面で若干仕様が異なります。ビットコインとの主な違いは、ブロックサイズ(取引帳簿のデータ容量)です。

ビットコインとビットコィンキャッシュは、基本的にまったく異なる暗号通貨です。しかし「ビットコインキャッシュ」という名前や「ビットコインから分裂した通貨」と聞くと、「ビットコインとの違い」や「ビットコインと関係があるのか」などの疑問を抱くと思います。

ビットコインとは全く別の通貨

ビットコインキャッシュは、ビットコインのブロックサイズ問題から生まれましたが、運用的には全く別の暗号通貨です。ビットコインとは基本的な仕様は同じですが、開発者もシステムを稼働させる参加者も異なります。

ビットコインのブロックサイズ(取引帳簿)の上限は1MB(メガバイト)と決められています。十分に1回取引帳簿が更新され、十分間で1MB以上の取引データは処理できません。ビットコインキャッシュは、そのブロックサイズの上限を8MBまでに砿大しています。

2008年から開発がはじまったビットコインに対し、ビットコインキャッシュは2017年に入ってから提唱されたもので、ビットコインを現在開発しているグループとは異なるグループによって開発されています。

ただし、具体的に誰によって今後開発されるのかは不明です。また、ビットコインとビットコインキャッシュの取引処理(マイニング)をする参加者も、それぞれ異なります。ビットコインキャッシュのマイニングを、今後誰がしていくのかも不明瞭です。

ビットコインとビットコインキャッシュの関係性

ビットコインとビットコインキャッシュは「異なる暗号通貨」ですし、それぞれの運用は独立して行われます。しかし、関係が全く無い訳ではありません。元々、ビットコインのマイニング参加者がビットコインキャッシュを提唱して発足したことや、ビットコインと仕様が似ていることから、(システム上は別ですが)ビットコイン参加者の一部がビットコインキャッシュのマイニングを行っています。

ビットコインは、2017年8月に「Segwit」という新たな実装を行っていますが、ビットコインキャッシュはその前に分裂しているため、ビットコインキャッシュはSegwitを実装していません。国内の取引所でもビットコインキャッシュの取り扱いが始まっており、今後も、ビットコインと同様に一定の注目を集めていくでしょう。

1ビットコインキャッシュの今後

今後のビットコインキャッシュの運営は不透明です。ビットコインをはじめ他の暗号通貨は技術的にもまだまだ発展途上で、運用中に様々な問題が発生しては、それを開発者や参加者が対策を講じて乗り越えてきています。

ビットコインキャッシュも同様なので、技術的な問題を乗り越える事が出来なければ徐々に仮想通貨のシーンから姿を消していくでしょう。また、取引処理を一部の参加者が担っているため、参加者が撤退すれば一気に消滅に向かう危険性もあります。

ビットコインキャッシュに対しては、とにかく「多くある仮想通貨のうちの一つ」という認識で向き合っていくのがよいでしょう。

コンテンツ一覧

  1. ネットワーク用語

    Felica【Mobile 関連用語】
  2. ネットワーク用語

    SIMカード【Mobile 関連用語】
  3. ネットワーク用語

    輻輳【Mobile 関連用語】
  4. ネットワーク用語

    テザリング【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP