ネットワーク用語

Felica【Mobile 関連用語】

Felica

ソニーが開発した非接触型ICカードの通信技術です。

概要
携帯電話の電子マネーサービスである「おサイフケータイ」において、中核技術として使用されています。Felicaは、非接触式ICカードなのでカードリーダを通す必要がなく、しかも「マルチアプリケーション対応」という特徴を持ちます。ですので携帯電話のモバイルFelicaチップには、様々なサービスを登録することができて、手持ちの携帯電話が電子マネーの財布になったり、お店などの会員証になったり、バスや電車の切符になったりします。
解説
Felicaとは、「おサイフケータイ」と言われる携帯電話の電子マネーサービス等に用いられる中核技術です。ソニー社が開発した非接触型ICカードの通信技術で、Felicaチップが内蔵された携帯電話機を読み取り端末にかざすだけで、データをやり取りすることができます。

ひとつのFelicaチップには複数のデータを持たせることができます。「おサイフケータイ」の名が示す通り、代表的なところはEdyやSuicaなどの電子マネーサービスですが、鉄道やバスの乗車券、航空券、量販店のポイントカードや会員カードなど、様々な機能・用途に利用されています。

Felica自体も携帯電話に限るものではなく、広くICカードとして利用できる形式であるため、そちらの形態では社員証や入退室証などにも用いられています。Felicaチップが内蔵された携帯電話機では、Edyなど電子マネーのチャージ(入金)作業も、すべて電話機単体で完結します。必要な通信はiモードやEzWeb等のパケット通信サービスにより行い、他に機器を要さず、とても簡便に利用することができます。

しかし決済手段をすべて一括して管理できてしまうため、紛失・盗難時のリスクが大きくなることには注意が必要です。内蔵されたFelicaチップは、SIMカードのように取り外すことのできる構造ではありません。したがって機種変更時のデータ移行には、やや煩雑な手続きを要します。

関連記事

  1. WAN【ワイド・エリア関連用語】

  2. ActiveX【インターネット関連用語】

  3. Cookie【インターネット関連用語】

  4. FTP【インターネット関連用語】

  5. NAS【ハードウェア関連用語】

  6. パケット(packet)【TCP/IP関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP