ブロックチェーンでIoTはさらに加速

ブロックチェーンの強固なセキュリティという利点をIoTに用いることにより、様々なサービスが今後生まれる可能性があります。

ブロックチェーンを有効に活用する様々な技術

ブロックチェーンは、中央集権的な仕事であった「データの管理」を、分散管理によって信用性や処理速度の向上を果たしました。ブロックチェーンは、データではないものを扱えませんが、現実世界の事象をデジタルデータ化して共有する技術が「IOT(モノのインターネット)」です。

さらに、ブロックチェーン自体はデータの正誤の判断ができないため、判断を代替するのは「AI(人工知能)」の仕事でしょう。ブロックチェーンをより有効に活用するためにAIやIOTなどのテクノロジーと組み合わせて使うことで、さらなる生活の変化が訪れるかもしれません。

ビットコインを知ることで、ブロックチェーンについても理解が深まります。ビットコインは投資でもあり、社会を変えるテクノロジーでもあります。

ブロックチェーンへの記録で事実の保証を容易にする

IoT(Internet of Things)とは、様々な機器やデバイスをインターネットに接続するという考え方で、「モノのインターネット」と呼ばれています。このIoTはブロックチェーン技術を使うことで、大きく発展する可能性があります。

従来のIoTでは、各デバイスセンサーから送信された情報を、中央集権的にコントロールするため、システム管理などの運営コストがかかりました。しかし、ブロックチェーンを用いてシステムを運用することで、コストを大幅に下げることが可能となります。

また、ブロックチェーンの強固なセキュリティも、IoTに向いていると言えるでしょう。その一例がセゾン情報システムズとGMOインターネットグループが共同で進める宅配ボックスの実証実験です。ブロックチェーンとIoT技術を活用して「本人のみ受け取り可能な宅配ボックス」を実現しようとしています。

この宅配ボックスを使えば、対面でなくても誤配送や盗難による荷物の紛失を防ぎ、配送の効率化と利用者の利便性向上が図れます。具体的には、ブロックチェーン上に宅配業者が荷物を納入した履歴やスマートフォンを使った本人の受け取り履歴が記録されます。

また、スマートバリューとシビラが、自動車利用者の運転行動をブロックチェーン上に記録して、その内容から自動車保険料の割引率を決定する仕組みを構築する動きもあります。いずれのサービスもブロックチェーン上に情報を記録することにより、半永久的に事実を証明・保証することが可能となります。

コンテンツ一覧

  1. ネットワーク用語

    Felica【Mobile 関連用語】
  2. ネットワーク用語

    SIMカード【Mobile 関連用語】
  3. ネットワーク用語

    輻輳【Mobile 関連用語】
  4. ネットワーク用語

    テザリング【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP