取引所と販売所の違い、ビットコインの買い方を知る

ビットコインを買うには「取引所」か「販売所」のどちらかを選べます。これらは似ていますが、その仕組みやサービスは大きく異なります。

ビットコインを始めるには?主な入手方法

さっそくビットコインを始めてみましょう。ビットコインを入手するもっとも一般的な方法は、ビットコイン取引所から購入する方法です。ビットコイン取引所では株式市場と同様に、一般参加者同士が「いくらで買いたい」「いくらで売りたい」と注文を出し合って売買を行います。

そこでは、株式取引のように板があり、そこで売買の注文状況が表示されています。0.001BTCもしくはそれ以下の小額から購入できる取引所が多いので、気軽に始めることができます。また、取引所とは別途に販売所を設けている会社もあります。

販売所は、運営会社がビットコインを販売しています。販売所は運営会社が「1BTCあたりいくら」と値段を提示して、購入者は必要な分を購入できます。「取引所」と「販売所」の違いは、一般参加者の介在の有無です。

販売所は画面がシンプルなことが多く、気軽に購入できる点がメリットです。Zaifという取引所では、銀行引き落としで毎月ビットコインを購入して積み立てるサービスも行っています。このように販売所でさまざまなサービスが広がっています。

さらに、インターネット上のサービスではなく直接ビットコインを手に入れる方法として、「ビットコインATM」を利用する方法があります。銀行のATMのような筐体で、日本にまだ複数台しか設置されていませんが、ビットコインの購入がすぐに可能です。

仮想通貨交換業には2種類のサービスがある

ビットコインなどの仮想通貨を取り扱い、売買を仲介する仮想通貨交換業取得業者は、「取引所」と「販売所」の2通りのサービスを提供しています。どちらのサービスを使ってもビットコインを買うことができますが、売買形態に大きな違いがあります。

取引所は、株取引をイメージすると分かりやすいかもしれません。取引所は売買の場を提供していますが、実際に売買を行うのは、市場参加者であるユーザー同士となります。これに対し、販売所は、事業者が売り手となってユーザーに相対して販売を行います。

つまり、この2つの買い方の違いは、相手がユーザーか、事業者かということになります。取引所のメリットは、需給が市場に委ねられるため適正価格が反映されやすく、販売所よりも割安な価格で買うことができる点です。

取引所の場合、価格変動が激しいときなどは1割以上安い価格で買うことができることもあります。販売所のメリットは、事業者が提示した価格で買うだけなので簡単に買えることです。ただし、たいていの場合は取引所よりも割高になってしまいます。

ビットコイン取引所の利用方法
ビットコインは多くの場合、「ビットコイン取引所」で購入します。購入は日本円(実体通貨)で行います。日本国内にもいくつかピットコイン取引所があり、それらは企業によって運営されています。ビットコイン取引所の利用方法は、おおむね次のとおりです。メールアドレスなどでアカウントを取得した後、本人確認をすることでビットコインの売買が可能になります。多くのビットコイン取引所では、メールアドレスの他にFacebookやGoogleなどのアカウントを連携させて、ビットコイン取引所のアカウントを作成できるようにしています。

「売買」と「取引」2種類の売買方法
ビットコイン取引所でのビットコインの売買は、「販売所」と「取引所」に分類されます。例えばビットコイン取引所である「bitFlyer」には「取引所」と「販売所」の項目があり、ユーザーはいずれかの方法でビットコインを取引するか選択できます。一般的なビットコイン取引所内には「取引所」と「販売所」の2つが用意されていることが多いので、購入する際は注意してください。中には「取引所」とうたっていても、実態は「販売所」であるところもあります。見分け方は簡単で「自分で売買価格を指定できるかどうか」です。ビットコイン取引所と販売所での売買は、「どちらが良い悪い」ではありません。双方、利用の際のメリット・デメリットがあります。

ビットコイン取引所

「ビットコイン取引所」は、ビットコインを買いたい人と売りたい人が集まる、言わば「マッチング会場」です。
●取引所での売買のメリット
売り買いの需要と供給が合えば成立するので、指値注文(価格を指定した注文)が可能です。そのため、場合によっては販売所で売買するよりも良い価格(安い購入.高い売却)取引できる可能性があります。
●取引所での売買のデメリット
取引のマッチングが成立しなければ、売買できない恐れがあります。「必ず売りたい」「必ず買いたい」というときは、取引所での売買は向きません。

ビットコイン販売所

「ビットコイン販売所」は、取引所が売り買いのビットコインを提供する、言わばピットコインの「売店」と言えます。
●販売所での売買のメリット
予算さえあれば、いつでもすぐに、しかも確実に指定量のビットコインの売買が可能な点です。
●販売所での売買のデメリット
一般的に、ビットコイン取引所が販売手数料を上乗せしている場合があるため、販売所で売買するのよりも割高になることが多いようです。このように、ビットコイン取引所と販売所での売買には、それぞれメリット・デメリットがあります。そのため、「値段重視の場合はビットコイン取引所」「数量・スピード重視の場合はビットコイン販売所」がおすすめです。

取引所と販売所の値段差
ビットコイン取引所と販売所では、売買価格を指定できるかどうかがその違いであると説明しました。気になるのはその値段差です。これは、取引所やその時々によって変動します。少しでも利ざやを稼ぎたい人は、ビットコイン取引所での売買が良さそうです(もちろん売買が成立すれぱの話です)。ただし、場合によっては取引所価格が販売所価格を上回ることがあります。ビットコインを購入・販売するときは、それぞれの売買価格を確認してからにしましょう。

お得に買うなら取引所

取引所には注文がならぶ「板」があるので-見難しそうですが、ビットコインの購入は簡単にできます。取引所での売買は、株でいう「成行注文」と同じような形になります。成行注文は、成り行きに任せて出す注文ですが、100万円分の成行注文を出したときは、同じ額のビツトコインをすぐに購入できます。

ほかにも注文価格を指定する「指値注文」で希望する価格でビットコインを購入できます。一方、取引所にもデメリットがあります。取引所はユーザー同士の注文をマッチングさせるサービスなので、売り手がいなければ買うことができないのです。

この場合、指値注文を出しても、売り手が現れ売買が成立するまで時間がかかることもあります。取引所と販売所のメリットとデメリットをよく比較した上で、ビットコインの買い方を決めましょう。

●販売所と取引所の比較

販売所 取引所
少ない 取引の手間 やや多い
大きい 購入額と売却額の差 小さい
短い(一定) 取引にかかる時間 長いことがある

●成行注文と指値注文

成行注文 市場の成り行きに任せて、市場価格で購入する
指値注文 価格と量を指定して、希望する額で購入する

1手数料体系の違い

取引所では、ユーザー同士の売買を仲介する「取引手数料」を取得します。販売所では、取引手数料を取得する代わりに市場価格に数%の「スプレッド」を上乗せして販売します。

2取引所の売買相手は同じ取引所のユーザー同士

取引所でビットコインを買うとき、売ってくれるのは同じ取引所内の別のユーザーです。ビットコインを売るときには、買う意思を示している別のユーザーに売ります。これを「オークション方式」と呼びます。

3取引所も流動性があればすぐに買える

株の世界でも、1日に500億円以上の売買が行われている株もあれば、一度も売買されていない株もあります。前者は「流動性が高い」株であり、参加者も多いため売買が成立する確率が高まります。後者は市場参加者も少なく、注文を出しても売買が成立しません。ビットコインも同様で、流動性が高いときはすぐに売買が成立します。

4取引所と販売所の特長を理解しよう

取引所にも販売所にも、それぞれのメリットとデメリットがあります。取引所はすぐに売買が成立しない可能性がありますが、市場価格でお得に購入できます。販売所は、ときに10%を超える大きなスプレッドが設定されることがありますが、いつでもすぐに買えるというメリットがあるのです。状況に合わせて、それぞれの売買方法を使い分けましょう。

最後は納得感で決めよう
取引所と販売所の売買価格には差があることを説明しましたが、将来的にはこれらの差も縮まっていくことが予想されます。一方で、取引所で扱われていないアルトコインが販売所では取り扱われているなど、そもそも選択肢がないこともあります。そのため、最後はどちらの方が納得感があるかで決めるのも手だと思います。なお、株取引をしているユーザーは、取引所を選ぶことが多いようです。

コンテンツ一覧

  1. ネットワーク用語

    Felica【Mobile 関連用語】
  2. ネットワーク用語

    SIMカード【Mobile 関連用語】
  3. ネットワーク用語

    輻輳【Mobile 関連用語】
  4. ネットワーク用語

    テザリング【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP