ネットワーク用語

CSS【インターネット関連用語】

CSS

HTMLによって記述されたドキュメントの、レイアウトなど見映えを定義するための言語です。

概要
HTMLを「文書構造を定義する言晤」という本来の目的に立ち返らせるために登場しました。CSSは従来HTMLで行っていた見映え指定(フォントサイズやレイアウト、色指定など)を代替するとともに、より高度な表現を可能にする言語です。視覚的な表現に関する部分をCSSに切り分けることで、同じHTML文書でも、様々な表現形態に切り替えることが可能となります。
解説
HTMLによって記述されたドキュメントの、レイアウトなど見栄えを定義するための言語です。インターネットの普及に伴い、WWWに対してはより見栄えを向上させるための表現が求められてきました。HTMLの言語仕様もそれに準ずる形で拡張を続け、視覚的な効果を上げるためのタグが多数追加されることになります。

しかし、これによって本来のHTMLが持っていた「文書の論理構造を記述する」という目的が薄れ、拡張内容もWWWブラウザごとに表示結果が異なるなど、様々な弊害が生まれることにもつながりました。CSSは、従来HTML内で指定していた、レイアウトなどの視覚的な表現に関する部分を代替する言語です。これによって文書とレイアウトの定義が完全に分離され、HTMLは本来の「文書の論理構造を記述する」ための言語に立ち返ることができるのです。

CSSではフォントや色、背景など様々な属性を指定することができます。この内容はHTML内に埋め込むこともできますが、本来の目的が「HTMLからレイアウト定義を分離させる」ことであるために、外部ファイルに定義を記述して、HTML内にはそのリンクを埋め込む方法が一般的です。現在はHTMLが文書構造を、CSSが表現方法を、スクリプト言語が動的変化を与える方向で、3者の担当分けが成されています。

関連記事

  1. ワークグループネットワーク【ローカル・エリア関連用語】

  2. UPnP【ハードウェア関連用語】

  3. プライベートIPアドレス【ローカル・エリア関連用語】

  4. ルータ【ハードウェア関連用語】

  5. IP(Internet Protocol)【TCP/IP関連用語】

  6. ブログ【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP