グローバルブロックチェーンの特許出願は2017年に急増、韓国の知的財産局は言う

昨年、韓国の知的財産局(KIPO)によると、ブロックチェーン関連の特許出願が急増した。

政府機関は、水曜日に発表されたデータレポートでは、2017年に米国、EU、中国、日本、韓国の5つの最先端の国々からのブロックチェーン特許出願数が1,248件に達したと発表した。

KIPOは、他の産業界に見られるような数ではないかもしれないが、近年のブロックチェーンアプリケーションの注目すべき成長率に注目した。

比較すると、代理店は、2013年から2016年の年間提出合計は、それぞれ27,98,258および594であることを示した。これは、2017年だけで提出された出願よりも少ない。

特に、昨年の1,248件の申請のうち、両国が78%の割合を占めていることを示すデータが、米国と中国向けに大きく偏っています。

KIPOは、各国の正確な内訳を明らかにしなかったが、米国は現在、累計で1位にランクされている。中国は、2016年以来、年間特許出願で米国を上回っています。

「中国はすぐに累積症例数で第1位を獲得すると予想されている」と報告書は述べている。

また、データで明らかなように、米国は、銀行などの主要金融機関からの特許取得努力を鋭意視野に入れており、全国出願件数に占める割合は16.3%となっている。その中で、バンク・オブ・アメリカは、KIPOの数字によると、一位を占めている。

事実、昨年の8月までに、バンク・オブ・アメリカはブロック・チェーンに関連して、少なくとも30の既知の特許出願を既に提出していました。2017年2月だけで、米国の銀行大手は9件の出願を米国特許商標庁に提出した。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP