暗号通貨取引所、リップル裁定後のXRP取引を許可

連邦判事がXRPは有価証券ではないとの判決を下したことを受け、 Coinbase ( COIN )やKrakenなどの大手仮想通貨取引所はXRPトークン( XRPUSD )を再上場した。XRPの価格は現在約25%上昇しており、トークンは現在時価総額で5番目に大きい暗号通貨となっている。

米国地方判事のアナリサ・トーレス判事は、二次取引所で取引されるXRPは有価証券ではないとの判断を下し、2020年12月に始まった係争中の訴訟においてリップル社に部分的な勝利を認めた。

Coinbaseは木曜日に流動性条件が満たされるとXRP取引を再開した。

同様に、Krakenは米国のトレーダー向けにXRPを再上場し、ETH、BTC、USDTだけでなくさまざまな法定通貨ペアと取引しています。

ジェミニはまた、スポット取引とデリバティブ取引の両方のためにXRPを上場することを検討していることを表明しました。

さらに、リップルと長年の関係を持つビットスタンプも木曜日に米国の顧客向けにデジタル資産を再上場した。

リップル訴訟の最近の判決により、アナリストはSECとの訴訟においてコインベースについてより前向きな見通しを抱くようになった。CoinbaseとBinanceは最近、無認可の証券取引所を運営した疑いで規制当局から訴訟を起こされた。注目すべきことに、バイナンスは米国外に拠点を置く取引プラットフォームからXRPを上場廃止にしなかった。しかし、XRPはBinance.US関連会社から上場廃止となった。

Coinbase株は過去2日間で約24%の大幅な上昇を記録した。また、ブラックロックなどの伝統的な金融大手による最近のスポットビットコインETFの申請を受けて、株価はすでに上昇傾向にあった。

NEWS&更新情報のお知らせ


PAGE TOP

暗号資産

ルナクラシック[Luna Classic](LUNC)

暗号資産

バイナンスコイン[BinanceCoin](BNB)

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…