昨年、日本の暗号ユーザーがハックして600万ドルを失った、警察に言う

昨年、日本の交換アカウントとウォレットサービスから暗号化の暗号化が約630万ドル奪われ、新しいデータが明らかになった。

日本経済新聞によると 、警察庁(NPA)は木曜日、暗号違反の窃盗を追跡する統計の第1年次報告書を発表した。

データは、少なくとも149件のハッキングが昨年発生し、16個の暗号交換が影響を受けていること、3人のウォレット運営者が約6億6,200万円が違法に救済されたことを示しています。Bitcoinは85のBTCが盗まれた最大の暗号ターゲットだった、と報告書は述べている。

代理店は影響を受けるサービスの名前を明らかにしていないが、Coincheck交換の最近の530百万ドルのハックは、その2017年の統計に含まれていないことに留意した。

すべての窃盗のうち、全体の80%以上を占める122件のケースでは、二要素認証などのセキュリティレベルが余裕を持っていなかったという。

さらに、数字の増加は、ビットコインの価格の上昇とより広範な暗号侵害市場と一致すると見られた。例えば、不正な送金が4月の7件から19および41日に5月および6月にそれぞれ増加したことがデータによって示されています。

このデータリリースは、Mt.の悪名高い崩壊に続く、日本の暗号投資家からの資産の盗難を調査するための代理店の努力として出されたものです。2014年のGoxの交換とそれ以来、暗号投資家の投資家を保護するための政府の広範な措置が取られている。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP