IBM、Haceraがブロックチェーンネットワーク向けに「イエローページ」を作成

IBMはエンタープライズブロックチェーンのHaceraと協力して、関心のある企業が世界中のブロックチェーン・プロジェクトに参加しやすくするためのイエローページのようなディレクトリを立ち上げました。

IBM BlockchainのJerry Cuomo副社長は、木曜日に、Unbounded Registryと呼ばれるディレクトリが稼動していることをブログ記事に書いて、さまざまなブロックチェーン・ネットワーク上に構築された分散プラットフォームのリストを集約しました。

Cuomoが説明したように、目標はブロックチェーンを採用しようとしている企業に、そこに何があるのか​​、プロジェクトに参加する方法、特に招待専用の私設ネットワーク上にどのように参加できるのかを知らせることです。

現在、レジストリには、IBM、Huawei、Oracle、SAP、Hong Kong Monetary Authorityなどの新興企業と大手金融および技術巨人の両方によって開始された取り組みが掲載されています。

各プロジェクトごとに、レジストリーは簡単な説明と最新のニュースイベントのリストを提供します。利害関係者がそれぞれのチームに直接メッセージを伝えるために、サインアッププロセス後のチャネルを提供しています。

Linux FoundationのHyperledger Fabric 1.0の上に構築されたUnbounded Registry自体は、ブロックチェーンプロジェクトが分散して情報を登録できるオープンソースのアプリケーションです。

Cuomoはレジストリも、これまでのHyperledger Fabric、R3 Corda、EEA Quorum、Stellarを含む主要なブロックチェーンプラットフォームと相互運用可能であると付け加えました。

ディレクトリの理由を説明すると、彼は次のように書いています。

「最初から、ブロックチェーンを自分で行うことができないことを認識しました。企業が世界経済において事業を行う方法を変革するためのビジョンを共有する、思いやりのあるイノベーターの活気に満ちたコミュニティとエコシステムが必要です」

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP