Intel、Blockchainが次世代のMedia Rights Managerを強化すると考えている

大手のインテルは、デジタル著作権管理を再考する手段としてブロックチェーンを目指す企業企業のリストに加わっています。

シリコンバレーの技術会社は、3月8日に米国特許商標庁からリリースされた特許出願で、デジタル画像に対する権利をダウンロードするためにブロックチェーンを使用する方法を説明しました。

ブロックチェーン技術は、著作権保護に関連するデジタルコンテンツの属性を文書化し、検証するために使用される。そのような属性には、例えば、コンテンツの作成者の識別子、コンテンツがいつ作成されたかを示すタイムスタンプ、その後コンテンツのコピーや変更を検出するために使用することができます。

説明したように、提案されたプラットフォームは、画像が外部ソースから撮影されたとしても、各画像の著作権ポリシー設定を自動的に評価するために、いくつかのタイプのソフトウェアを使用する。次に、元のコンテンツと変更されたすべてのバージョンの一意のIDを作成します。この特許はこれらのアイデンティティを「影の画像」と呼んでいる。

インテルの特許は、画像以外のビデオやその他のタイプのコンテンツについても言及し、より包括的な権利システムに追加機能を提供しています。

たとえば、インテルのシステムでは、複数のエディタを持つ文献などの「構造化されていない」部分を含む、進行中の作業をユーザーが維持できるようにしています。このようにして、コンテンツは著作権ポリシー設定に従ってのみ変更することができます。

それでもインテルは、このアイデアを追求するのは遠いです。BerkleeのOpen Music Initiativeのようなブロックチェーン業界の取り組みに加えて、中国のZhongAn やWENN Digitalなどの企業は、近年、同様のアイデアの見出しを立てる企業です。

この特許は、インテルが業界に関連する知的創造物を保護しようとしている最新のものでもあります。2016年6月、同社は、DNA、特に遺伝子シーケンシングの研究に役立つブロックチェーン駆動ソフトウェアの特許を申請しました。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP