IRS、米国納税者に暗号収入を報告することを思い出させる

内国歳入庁は、米国の納税者に対し、年間の納税申告書にcryptocurrencyの収入を含めるよう促しました。

IRSは、金曜日に公表されたリリースでは、暗号化トランザクションは、他の形態の財産のように課税対象であり、2014年に発行されたリリースで、暗号化通信に課税される方法を概説している。

当時、 IRSは、通貨が資本資産として使用されている場合、デジタル通貨の損益はキャピタルゲインとして扱われると述べた。同様に、暗号で従業員に支払われる賃金は課税対象ですが、独立した請負業者やサービスプロバイダーに支払われる暗号支払いは、フォーム1099を通じて報告されます。

金曜日のリリースでは、IRSは、地位を拡大し、cryptocurrenciesで行われた支払いは代理店に報告されなければならないと述べた。

“仮想通貨を使って行われた支払いは、財産で行われた他の支払いと同じ程度に報告される情報の対象となります”と、代理店が言いました。

注目すべきは、IRSが財産としてクリプトカルトを分類していることが再び明らかになる。それは続けた。「バーチャル通貨取引の所得税の結果を適切に報告していない納税者は、その取引について監査を受けることができ、適切な場合には、罰金や利息の支払い責任を負うことができます」

これらの罰則には、「極端な状況では」刑事訴追が含まれる可能性があります。脱税は1つの可能性のある犯罪罪で記載されており、有罪判決を受けた場合、最長5年間投獄され、25万ドルの罰金に処せられる可能性があります。

同様に、偽の納税申告書を提出したユーザーは、最長3年間刑務所に勤務し、同じ250,000ドルの罰金を支払うことができます。

税務局は、「一部の納税者は課税所得をIRSから隠蔽するよう誘惑されるかもしれない」と指摘した。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP