9マレーシアの銀行が貿易金融のブロックチェーンアプリに参入

マレーシアの9つの銀行は、中央銀行によると、貿易金融のブロックチェーン・アプリケーションを開発するためにチームを組んだ。

銀行ネガラ・マレーシア(BNM)のジェシカ・チェウ・チェン・リアン副総裁は、木曜日に行われた銀行イベントでの演説で、 ブロックチェーンを含む新興金融技術を採用して銀行サービスを進めると述べた。

リアンは言った。「ブロックチェーンの分野では、多くの法域の業界が、このアプリケーションの拡張可能なユースケースを開発するための実験コストを賄うためのリソースを集めています」

副総裁の発言は、どの銀行が協調に関与しているのか、あるいはブロックチェーンプロジェクトの詳細が開発されているのかを明らかにしていないが、中央銀行の技術へのアプローチについての窓口を提供している。

この取り組みのために、BNMは、標準的なオープンAPIフレームワークを開発することを主な議題とする主要なfintechの新興企業と同様、金融セクターからのメンバーと、オープンなアプリケーションプログラムインタフェース実装グループを結成しました。

リアン氏によると、金融機関の採用を促進するためのブロックチェーンなどの金融技術へのアクセスをさらに拡大することを目指しているという。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP