トークンスタートアップTemplum、取引後の活動についてSECの明確性を追求

規制されたトークントレーダーTemplumは、ブロックチェーンで追跡またはトークン化されたデジタル資産が米国の証券規制にどのように適合するかを明確にしたいと考えています。

そのために、同社は先週米国証券取引委員会(SEC)に規則制定の申請を提出し、そこで同社は暗号資産とブロックチェーン技術が特定の形態の証券取引でどのように活用されるかを概説した。

Templumの共同創設者兼CEOのVince Molinari氏は、同社はこれらの最新技術が現在の規制スキームにどのように適合するかを明確にするよう求めていると語った。「少なくとも、私たちの意見では、現在のフレームワークには実際には存在しません」と彼は語った。

請願書は主にデジタル資産の市場インフラに注目しており、その一部は未登録の証券である可能性があります。

「我々は、SECがデジタル資産分野における取引後の活動に関連して必要なガイダンスを提供することを奨励する」と請願書は述べている。

具体的には、Templumは、いつブロックチェーンプラットフォームが清算会社として登録する必要があるのか​​、またはどのようにしてブロックチェーンを使用するのかについて説明します。転送エージェント。また、証券取引の追跡に使用されるブロックチェーンを可能にするために、SECが既存の保護および顧客保護の規則をいつ近代化するのかを知ることも目的としています。

ブロックチェーンに格納されているさまざまな種類の情報については、さらに明快さが必要です。Molinari氏によると、デジタル資産は単に元帳に記録されるか、トークン化される可能性があるという。その他の質問は、監護規則、およびそれらがどのように適用される可能性があるかに関するものです。

Molinari氏は、Templumの請願は、ブロックチェーンの分野での同社の擁護活動の一環として提出されたと付け加えた。特に、彼はデジタル資産がブロックチェーンプラットフォームに移行しているのを見ています。

「これは5年後の戦略ではないと思います。2018年がセキュリティトークンの年になったので、2019年はデジタル資産の受け入れと使用に驚いていると思います。 」

有価証券 – 特に未登録のもの – のデジタル有価証券プラットフォームへの移行は、今後6〜18ヵ月で発生する可能性がある、と彼は予測した。

「私たちはまったく新しい産業を創出しているのではなく、今日も存在しています。私たちは、これらが証券であることを認識しています。[そして今は]私募市場について話しています」と彼は説明しました。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP