米国郵政公社がブロックチェーンを使ってデータをバックアップしようとしている

米国郵政公社は、電子的信頼を確立するためのシステムの一部としてブロックチェーンを目指しており、新たに公開された特許文書に示されている。

「デジタル・トラスト・アーキテクチャのための方法とシステム」特許出願は、昨年9月に最初に提出された3月22日に公開されました。このアプリケーションによると、「トランザクションの改ざんや安全でないメッセージングなどの懸念を抱えて、ユーザーに信頼を提供するツールが、必要なセキュリティレベルを適切に提供する能力に欠けていることは明らかです。

「オンラインでのやりとりが継続される理由はたくさんありますが、複数のパーティーのオープンソース環境では、より信頼できるオンライン環境が必要です。オファリングをオンラインで展開する」と述べています。

郵政公社のアプリケーションに概説されているシステムには、電子メール専用のものと、ユーザー用の公開鍵と秘密鍵を提供するものを含むいくつかの要素が含まれています。特に、ユーザーからレコードを受け取り、レコードをブロックチェーンに追加するように構成されているブロックチェーンコンポーネントも必要です。

アプリケーションによれば、これらの部分のいくつかは、ブロックチェーンと電子メールセグメントのブリッジを含む、連携して機能する可能性があります。

いくつかの態様では、ユーザ電子メールコンポーネントは、暗号化された電子メール本文データの送信を示す情報がブロックチェーンに格納されるべきかどうかを示す入力を受信し、その入力に応じてブロックチェーンに情報を格納するようにさらに構成され、説明します。

郵政公社のアプリケーションでは、「特別なデジタルトークン」の使用が強調されていますが、前述のブロックチェーンに存在する稀少なデータの種類を指すのかどうかは不明です。テキストごとに、「トークンは、ユーザーがブロックチェーンに含めるレコードを作成するために使用されます。

「特別なデジタルトークンのブロックチェーニングは、特定のトランザクションが発生したこと、具体的に誰が関わったのかを示す証拠を提供します。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP