ヤフー、2018年にCryptocurrency Exchangeを開始すると発表

Yahoo Japanは独自の暗号化交換を開始する予定であるという報告がある。

Nikkei Asian Reviewによると、日本のインターネット企業は来月BitARG Exchange Tokyoの株式の40%を取得し、BitARG技術を使って約1年後に新しい取引を構築する予定です。

BitARGはすでに日本の金融規制当局(FSA)からライセンスを受けており、2019年の早い段階でYahoo Japanから追加投資を受ける予定です。

ヤフー・ジャパンは、外為取引プラットフォームである子会社のYJFXを通じてBitARGの株式を購入する予定です。日経は、40%の株式が約20億円(約1900万ドル)かかると伝えている。

購入後、YJFXのチームは、コーポレートガバナンス、顧客管理、セキュリティのためのシステムの設計だけでなく、新しい取引所の開発を開始する予定です。

このニュースは、日本での為替業務を行うFSAの登録の重要性が、主要なバイナンス取引所が直面している問題によって強調されています。

報告今朝、香港ベースの交換は、単に国における登録の欠如以上の金融ウォッチドッグから警告を受けています。

BinanceのCEO、Zhao Changpengは、警告書を受け取ったことを確認し、同社は代理店と対話していると述べた。

FSAは、1月に行われた日本のコインクチェックの533百万ドルのハッキング以来、 まだ登録されていない国内の暗号取引プラットフォームのセキュリティーオーバーホールとクラッキングを義務づけている。今月初めに、同国の2つの取引所に対して1ヵ月間の停止を出した。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP