コールドウォレットの利用方法、コールドウォレットを作成するには

コールドウォレットは、インターネットに接続されていない紙や電子機器などのウォレットです。ここではその利用方法を紹介します。

コールドウォレットとは

コールドウォレットとは、オンラインにつながっていないビットコインウォレットの総称です。代表的なものは、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットです。コールドウォレットは、インターネットから完全に分離されている必要があるため、紙や金属などで作成されます。

コールドウォレットのユーザーはコールドウォレット内の秘密鍵を保管するために、自宅の金庫や銀行の貸金庫などの安全性が高い場所でコールドウォレットを保管しています。

ハードウェアウォレットは、仮想通貨専用に開発されたデバイスであり、USBタイプが一般的です。これをパソコンのUSBポートにつなげ、自身のビットコインにアクセスします。

ペーパーウォレットはその名の通り、ビットコインを紙で管理したもので、ビットコインアドレスと秘密鍵を印刷します。印刷後は、パソコンに残った秘密鍵のデータを消去し、ペーパーウォレットのみに情報が保存されている状態にします。


ペーパーウォレットからの引き出しは1回のみ

ペーパーウォレットは、ペーパーウォレット作成サービスを提供しているWebページを利用して作ります。このサイトから専用のソフトウェアをダウンロードして起動し、ランダムに生成された秘密鍵とアドレスを印刷して、そのアドレスにビットコインを送金します。

ペーパーウォレットに入っているビットコインを取り出す際は、スマートフォンのウォレットアプリを使って、秘密鍵のQRコードを読み取ります。秘密鍵を一度カメラで読み取ると、安全上ペーパーウォレットが使えなくなります。

ペーパーウォレットはビットコインの長期保管用として使用するのが一般的なウォレットなので、引き出しは1回きりとしましょう。


ペーパーウォレットを作ろう

ペーパーウォレットを作るには、まず秘密鍵を作成するためのアプリをダウンロードします。アプリのダウンロード先として、オープンソースソフトウェアのダウンロードができるGitHubというサイトに行きます。ここでは「bitaddress.org」というペーパーウォレット作成アプリを使う手順を紹介します。

1大量のビットコインはオフラインで保管する

オンライン上にあるデータの流出を100%防ぐことはできません。そのためコールドウォレットはデータをオフラインで管理するために開発されました。特に大量のビットコインを管理する場合、コールドウォレットが最も安全だといわれています。

2紙以外でもペーパーウォレットと呼ぶ

ペーパーウォレットは、紙に秘密鍵とビットコインアドレスを印刷するのが基本ですが石や金属などに記録したものもペーパーウォレットと呼びます。紙の場合は劣化や引火の恐れがありますが、ステンレスなど、より頑丈な材質のウォレットで保管する方法もあります。

3オフラインで作業するためにソフトウェアをダウンロードする

bitaddress.orgのWebページでも同じ操作でペーパーウォレットを作成できます。しかし、ペーパーウォレットはオンライン上に一度も秘密鍵のデータが残らないことが最大のメリットであるため、Webページでの作成はセキュリティ上、あまり好ましくありません。ソフトウェアをダウンロードして、オフライン状態でペーパーウォレットを作成するようにしましょう。

4オフラインでソフトウェアを操作する

ダウンロードするソフトウェアの内容はbitadressorgのWebサイトと同じものになっています。パソコンをオフラインにして、Webブラウザーを使って操作します。

5パソコンをオフラインの状態にするには

パソコンをオフライン状態にする方法は有線接続の場合と無線接続の場合とで異なります。有線接続の場合は、LANケーブルをパソコンから抜けばオフライン状態になります。無線接続の場合は、通知領域の[ネットワーク]をクリックしてから[Wi-Fi]をクリックしてオフにします。設定が終わったら、Webブラウザーを起動し、インターネットに接続されていないことを確認しましょう。Wi-Fiが設定済みの場合、有線接続で使っているパソコンからLANケーブルを抜いても自動で無線接続になるケースもあります。

6マウスを動かして秘密鍵を生成する

bitaddress.orgをWebブラウザーで開くと、マウスを動かすように指示されます。これは、ランダムな秘密鍵を作成するための手順で、100%になるまでマウスを動かし続けましょう。マウスの位置を追って秘密鍵が作成されるため、ほかのユーザーと同じ秘密鍵が作成される可能性はありません。

7秘密鍵を作成したら印刷を実行する

秘密鍵が生成されると、「100%」の数値が表示されます。緑の[SHARE]と書かれた方のQRコードがビットコインアドレス、赤の[SECRET]と書かれた方のQRコードが秘密鍵となります。左上の[GenerateNewAdress]をクリックすると、新しいアドレスを作成できます。

8USB接続のプリンターしか使えない

インターネットやLANに接続していない状態で操作するので、ネットワーク接続のプリンターは使用できません。ペーパーウォレットの印刷にはUSB接続のインクジェットプリンターなどを利用しましょう。

9ペーパーウォレットへ送金

ビットコインをほかのウォレットからペーパーウォレットに送金する場合、左の[SHARE]と印刷されたビットコインアドレスのQRコードを読み取ってください。仮に秘密鍵のQRコードを読み取ってもアドレスが存在しないため送金はできません。

10ビットコインアドレスで残高をチェック

ビットコインをペーパーウォレットに移した後、ビットコインアドレスを使って残高を確認できます。Bitcoinブロックエクスプローラー(https://blockchaininfo/ia)などのブロックチエーンの情報が公開されているWebページにアクセスし、自身のビットコインアドレスを入力することで、残高を確かめられます。

11ペーパーウォレットの使用は一度きり

セキュリティ上、-度読み取られた秘密鍵は完全に安全とはいえません。スマートフォンが乗っ取られて盗み見されたり、画像のデータから秘密鍵を復元されたりする可能性があるからです。一度秘密鍵のQRコードを読み取ったペーパーウォレットは破棄し、新しいウォレットを作成し直しましょう。

誰にも見られない場所に保管しよう
ペーパーウォレットは、その秘密鍵情報が一度もオンラインにさらされていないことに価値があります。ペーパーウォレットを保管する場合は、金庫などの安全な場所で管理しましょう。また、秘密鍵の情報は誰にも見られないようにしましょう。家庭用のプリンターから出力していますが、実際のお札以上に慎重に扱う必要があります。

コンテンツ一覧

  1. ネットワーク用語

    Felica【Mobile 関連用語】
  2. ネットワーク用語

    SIMカード【Mobile 関連用語】
  3. ネットワーク用語

    輻輳【Mobile 関連用語】
  4. ネットワーク用語

    テザリング【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP