ビットコイン以外の暗号通貨(アルトコイン)を知る

ビットコインは暗号通貨(仮想通貨)の代表格ですが、暗号通貨(仮想通貨)はビットコインだけではなく、ビットコイン以外にもアルトコインと呼ばれる様々な暗号通貨(仮想通貨)があります。ビットコイン以外の暗号通貨(仮想通貨)のことを「アルトコイン」(またはオルトコイン)と呼びます。ビットコイン以外の暗号通貨(仮想通貨)もチェックしていきましょう。

ビットコインの仕組みを応用して生まれたアルトコイン

ビットコインは暗号通貨(仮想通貨)の1つであり、ビットコイン以外の暗号通貨(仮想通貨)を「アルトコイン」と言います。「代替案」のコインという意味合いの英語表記「alternative coin」から略されaltcoinと呼ばれています。

アルトコインは、ビットコインの代替貨幣を指し「ビットコイン以外の暗号通貨(仮想通貨)」を表す言葉として使われています。追随したメジャーアルトの多くは、ビットコインのソースコード(コンピュータプログラミング言語で書かれたプログラムを構成する文字列)を見本として開発されました。

暗号通貨(仮想通貨)の魅力は、使用用途や独自の機能、目指す方向性が異なっていたりすることです。ビットコインはデジタル資産、投資・投機対象としての特色が強くなりましたが、当初は通貨や支払い手段としての地位を確立することを目指していました。

イーサリアムは独自通貨「イーサ(Ether)」をイーサリアム・ネットワークの利用料金として使う方向性でした。メジャーな暗号通貨(仮想通貨)には売買市場があるという点で共通項がありますが、その全てが必ずしも「通貨の代替コイン」を目指すものであるとは限りません。

独自の実装を加えたイーサリアムの他にも、イーサリアム上で発行された暗号通貨(トークン)、ビットコインから途中で分岐したビットコインキャッシュ、ビットコインをコピーして作られたコインなど、様々なバリエーションが存在します。

ビットコインが登場して以降、数多くのアルトコインが生まれ、その多くが取引所で取り扱われ売買の対象となっています。多くの種類のアルトコインが存在しますが、当然ながらすべてのアルトコインに価値があるわけではありません。

実需が伴わず価値がないコインと判断されれば、取引所で取り扱われいても生き残っていくのは厳しいでしょう。アルトコインの時価総額(発行量に市場価値をかけた金額)も確認し、現時点でのアルトコインの価値を調べることも大切です。

イーサリアム(Ethereum)単位:ETH
ビットコインに次ぐ市場規模を持つアルトコインの代表格で、分散型コンピューティングプラットフォームを宣言しています。イーサリアムというネットワーク上でプログラムを稼働し、複雑な条件付きで売買や讓渡を行う機能(スマートコントラクト)を備えていて、ブロックチェーン上でプログラムを動かせることが特長です。

リップル(Ripple)単位:XRP
こちらもビットコインに次ぐ市場規模を持つアルトコインの代表格で、主なクライアントは金融機関です。Ripple Inc. によって開発が行われている分散型台帳技術を利用した即時グロス決済システム、外国為替・送金ネットワークです。銀行間決済システムの代わりに、外国為替市場の中間ネットワークとして、国際送金などを即時に行う金融インフラを整えシステム統合を目指す。

アイオータ(IOTA)単位: IOTA
取引データの承認方法がビットコインの仕組みとは異なり、また他のアルトコインと比べても特殊で、DAGと呼ばれる技術を使用したIoT(モノのインターネット)に特化しているアルトコイン。機械同士の支払いを主な目的とし、取引手数料がない先進的な暗号通貨(仮想通貨)。

その他の主なアルトコイン

アルトコイン 単位 特徴
イーサリアムクラシック ETC 2016年にイーサリアムからハードフォークした暗号通貨(仮想通貨)。
ビットコインキャッシュ BCH 2017年にビットコインからハードフォークした暗号通貨(仮想通貨)。
ライトコイン LTC ビットコインを金とした場合に銀のような位置付けとして開発された暗号通貨(仮想通貨)で初代アルトコインとされる。
モネロ XMR ブロックチェーン上の取引のプライバシーを保護することを重視した、高い匿名性を持つ暗号通貨(仮想通貨)。
ネム XEM ブロックチェーンを用いて新たな経済運動を起こすことを目的としたプロジェクト、実ビジネスでの利用を想定した暗号通貨(仮想通貨)。

ビットコインゴールド

香港のマイニンググループ「LightningASIC」が主導して、2017年10月24日に、ビットコインからハードフォーク(分裂)して誕生したのがビットコインゴールドです。

当初汎用性CPUで行われていたビットコインのマイニングは、発案者のサトシ・ナカモトが提唱した「1CPU=1票」というシステムを目標としていましたが、現状は大きく異なり、マイニング専用のASIC(Application Specific Integrated Circuit、特定用途のための集積回路)で行うことが主流となりました。

高価なASICを用意できる一部のマイナーに独占されている状態で、中央集権化したマイニングシステムとなりました。ビットコインゴールドはそのシステムを一新して、多くの参加者がマイニングを行える仕組みにしています。

ビットコインゴールドは、ビットコインのマイニング仕様(SHA256)を変更し、アルトコインのZcashなどで使われている「Equihash」を採用しています。これによりビットコインゴールドでは、ビットコインのマイニングで使われているASICを利用してマイニングすることはできません。

ビットコインゴールドの「Equihash」は、ビットコインの「SHA256」よりも複雑な仕様になっているため、ビットコインゴールドのマイニング用にASICを開発しようとしてもできないように、ASIC対策が施されています。

開発に時間がかかったり、開発が困難であったりする「ASIC耐性」があることからASICは作成されず、私たちが普段使っているパソコンに内蔵されているグラフィックボード(GPU)が使えるようになり、高価な専用機を購入しなくても、より多くの参加者がマイニングできるようにしています。

  • リプレイアタック保護

リプレイアタックとは、ハードフォークが行われて違う取引台帳に枝分かれした際、片方で有効なトランザクションがもう片方でも有効になることを悪用して、送金者の意図しない送金を行う行為のことを言います。ビットコインゴールドは、リプレイアタックに対処する機能を実装しています。

ビットコインゴールドは、ビットコインから分裂して生まれたコインなので、ハードフォークが行われた際にビットコインを保有していれば付与されました。ビットコインゴールドは、ビットコインという冠名が付いているコインですが、ビットコインキャッシュと同様に、ブロックチェーンもマイナーも全く異なる別の暗号通貨(仮想通貨)で、数多く存在するアルトコインの一つに過ぎません。

モナーコイン

モナーコインは、巨大掲示板の「2ちゃんねる」から生まれた「日本発・日本初」の暗号通貨(仮想通貨)です。モナーコインの名称の由来でもある「モナー」は、2ちゃんねるで用いられるアスキーアートの名前で、そこからモナーコインと名づけられました。

「モナーコインプロジェクト」という有志が、オープンソースでプログラムを開発し公開しています。モナーコインの開発当初は、ハッシュと呼ばれる関数を解くことで与えられる、報酬のモナーコインを競うゲームでした。

特別な優位性があるというよりは、2ちゃんねるという巨大掲示板の中から生まれたというところに特徴があります。モナコイン決済を受け付けているお店も増えており、商品やサービスの購入などに利用することが可能です。

モナーコイン(MONA)を取り扱う世界中の取引所や販売所で手に入れる以外に、モナーコインプロジェクトからモナーコインのマイニングに参加して入手することもでき、報酬としてモナーコインを得ることも可能です。

アルトコイン投資

暗号通貨(仮想通貨)に投資する人の中には、大きく成長して市場規模が拡大したビットコインよりも、投機性や成長性が高いアルトコインを中心に投資をする人も多く存在し、ビットコイン以外のアルトコイン投資も活発に行われています。

アルトコインにはたくさんの種類があり、国内の取引所で取り扱っていないアルトコインの多くは、海外の取引所で購入することができます。しかし、多くのアルトコインは小さい市場規模で価格の乱高下が激しく、技術的にも未成熟なものが多いため、初心者は慎重に投資をしないと大きな損害を出してしまう恐れがあるので注意してください。

アルトコインの発行を含めて事業を立ち上げるための資金調達の手段として「ICO(Initial Coin Offering)」と言われるものがあり、ICOは「クラウドセール」とも呼ばれ、多くのICOはビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)で参加します。

ICOは、株式上場の際に必要な審査や、証券会社への支払いなどがないため、特に新興企業にとっては資金調達が容易です。その容易さから詐欺案件が多発し、調達した資金を持って雲隠れしたり、価値のないコインが多発したことで、ICOに対しての規制が厳しくなりました。

現物が存在しない架空の暗号通貨(仮想通貨)に注意!

暗号通貨(仮想通貨)は、文字通り暗号技術による無形のデジタル通貨ですが、所持している数量がれっきとした数字で現される現物が存在します。詐欺の一種では、暗号通貨(仮想通貨)と掲げているにも関わらず、現物が存在せず架空で実態がないものがあります。

暗号通貨(仮想通貨)の「架空通貨詐欺」の主な特徴は、セミナーなどで見込み客を募り、価格が数百倍になると宣伝したり、人を紹介するとインセンティブがあるなどと言った事を見込み客に宣伝するなどです。例えば「取引所への上場が間近で、今購入すれば確実に上がる」「未公開の暗号通貨(仮想通貨)がある」などと言われた際には要注意です。

このような手口は、古くから存在する株の「未公開株詐欺」と同じようなものです。暗号通貨(仮想通貨)の取引を始める際は、必ず金融庁に登録済みの仮想通貨交換業者(取引所)で売買するようにし、聞いたこともないような上場していないコインは、第三者から買わないように気をつけて下さい。

このような被害に遭わないためにも、暗号通貨(仮想通貨)に対して正しく理解することが大切です。善意で色々な投資情報を提供する「仮想通貨の専門家」を名乗る人の意見だとしても、くれぐれも注意しましょう。アルトコインヘ投資を検討している人は、詐欺には十分注意してください。

アルトコインの情報収集をしていると「○○コイン」や「必ず儲かる暗号通貨!」などの文言で宣伝を目にすることがありますが、「必ずもうかる」「絶対に数百倍になる」などといった仮想通貨は、ないと言う事を肝に銘じておきましょう。

アルトコインと言う理由だけで「必ず儲かる」ということはあり得ないことで、取引には必ずリスクがありますが、草コインと呼ばれるものにはなお一層のリスクがあります。システム的な欠陥があるかどうかは誰にもわかりませんが、まだメジャーではないアルトコインヘ投資する際は慎重に行いましょう。

1自分だけのオリジナルの暗号通貨(仮想通貨)が作れる

ビットコインはオープンソース・ソフトウェア(OSS)であり、そのソースコードは世界中に公開されているので、ビットコインのソースコードを改変すれば自分だけのオリジナル暗号通貨(仮想通貨)が作成できます。また、ビットコイン上で動くプロトコル(カウンターパーティー)を利用すれば、他の人に配布することができたり、より容易にコインの作成ができるようになります。

2価格変動が激しいアルトコインの価格には注意が必要

流動性が高いビットコインにおいても、1日で相場が10%動くこともあり価格変動が激しいです。アルトコインの中でも特に取引量や市場の流動性が少ないアルトコインは、さらに急激な価格変動を起こしがちで、1日で半値になったり2倍になったりすることもあり、価格変動が激しいアルトコインの値動きには注意が必要です。

3暗号通貨(仮想通貨)の取扱いは自己責任

暗号通貨(仮想通貨)を取り扱うには、ウォレットの管理方法、市場価格の暴騰暴落にも注意を払う必要があり、様々な自己責任がつきまといます。ビットコイン以外のアルトコインを購入する際は、そのアルトコインが頻繁に売買されていて流動性があるかどうか、多くの取引所で上場しているかどうかも確認しておきましょう。

4暗号通貨(仮想通貨)市場における流動性とは

流動性の高低は、売買時における価格の柔軟性にも影響を与え、取引が活発に行われているということは、買い手と売り手が多くいるということであり、こうした市場は流動性が高いということになります。取引高が少なく流動性が低ければ、不本意な価格であっても受け入れる必要があります。暗号通貨(仮想通貨)において流動性が低い状態とは、例えばアルトコインを円やビットコインなどに換金しようとするケースで、買い手がつかず市場価格で換金できない状態にあるということです。

コンテンツ一覧

  1. ネットワーク用語

    Felica【Mobile 関連用語】
  2. ネットワーク用語

    SIMカード【Mobile 関連用語】
  3. ネットワーク用語

    輻輳【Mobile 関連用語】
  4. ネットワーク用語

    テザリング【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP