ビットコインの入手方法のうち、最も一般的なのが取引所での購入

ビットコインの入手方法には複数ありますが、取引所での購入が最も確実です。誰かからの送金やマイニングをあてにせずに、好きなときに必要な量を入手できます。金融庁に登録している取引所の中から、自分に適した取引所を選んで購入しましょう。

取引所で手に入れるのが一般的

ビットコインの入手方法には複数ありますが、最も一般的なのは取引所での購入です。暗号通貨(仮想通貨)の取引所では、株式の売買が行われている証券取引所のように、色々な暗号通貨(仮想通貨)の売買が行われています。暗号通貨(仮想通貨)取引所の殆どは私設であり、民間会社が経営しています。

ビットコインのシステムが稼働してしばらくは、ビットコインを入手する最も一般的な方法はマイニング(採掘)でした。ビットコインの成長に伴い、個人単位ではなく組織・会社単位へとマイナー(採掘者)の規模が大きくなり、その中でも主要なマイナーによる寡占がさらに進みました。

マイナーの上位5社でシェアの過半数を握り、これらのマイナーは電気代が安価な中国国内などで行われ、専用のコンピュータを大量に用意し、大がかりなマイニング作業によってビットコインのマイニング(採掘)が行われています。

そのため、私たちが個人で今からマイニングに参加しても、ビットコインを入手することが極めて困難な状況になっています。普通のパソコンでマイニングに参加しても、ビットコインがマイニング(発掘)できる可能性はほとんどありません。現在は、取引所からビットコインを購入する方法が最も確実で一般的です。

日本国内にもビットコインを取り扱う暗号通貨(仮想通貨)取引所は多数存在し、ビットコインは暗号通貨(仮想通貨)の基軸通貨なので、どの取引所でも取り扱いがありますが、取引所によって購入可能な価格や手数料など条件が異なりますので、購入前に比較検討を行うといいでしょう。

これらの取引所では24時間365日いつでも、円と引き換えにビットコインを購入することができます。最小取引単位は、取引所・販売所ごとに異なりますが、最小購入単位が小さな取引所では「0.0001BTC~」から購入することができ、購入したビットコインは自分のウォレット(財布)へ移すことができます。

2017年4月に施行された仮想通貨法(改正資金決済法)によって、暗号通貨(仮想通貨)取引所が登録制になり、金融庁への登録が義務付けられました。認可された取引所は、資本金基準、顧客資産の分別管理、システムのセキュリティを維持するための強固な体制、本人確認の徹底など厳格な基準をクリアしていますので、ビットコインを購入する際は、金融庁に登録された取引所を利用するようにしましょう。

1暗号通貨(仮想通貨)の送受金は取り消しができない!

暗号通貨(仮想通貨)を送ったり受け取ったりする場合の送受金においては、取り消しができないので注意が必要です。送る際は送り先のアドレスを正確に確認する必要があり、受け取る際もアドレスを正確に通知する必要があります。アドレスの入力ミスがないように、アドレスのコピー&ペーストまたはQRコードを利用するのが一般的です。

2ウォレットの種類を知ろう

暗号通貨(仮想通貨)を保管するウォレットの種類は、大きく分けて「オンラインウォレット」「ソフトウェアウォレット」「ハードウェアウォレット」の3つがあります。ビットコインウォレットには、webウォレット、デスクトップウォレット、モバイルウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレット等の様々な種類がありますが、それぞれのウォレットにおいて秘密鍵をどのように保存するかの違いがあります。

コンテンツ一覧

  1. ネットワーク用語

    Felica【Mobile 関連用語】
  2. ネットワーク用語

    SIMカード【Mobile 関連用語】
  3. ネットワーク用語

    輻輳【Mobile 関連用語】
  4. ネットワーク用語

    テザリング【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP