コインクチェックオーナーマネックスプラン独自のブロックチェーン、ICO

最近買収した暗号化取引のCoincheckを買収した日本のオンライン証券会社であるマネックスグループは、独自のブロックチェーンプラットフォームの開発を目指しており、

4月26日付の最新の財務提出書類では、米国とアジア太平洋の部門を持つ同社は、日本の腕が予定されているブロックチェーンプッシュを先導すると述べた。

マネックスは、「日本のセグメントは、安全かつ低コストであらゆる金融商品取引とあらゆる金融取引を実行する目的で、ブロックチェーン技術を使用することになります」

Blockchainプランについての詳細は明らかにされていませんが、同社は、主要なハッキングが顕著に発生し、その後証券会社によって買収された後、初めてCoincheckの財務的立場を詳述しました。

マネックスグループは、本日発表した「特別損失473億円(4億3200万ドル)」を控除した上で、2018年3月期の63億円(5700万ドル)の税引前利益を報告している。

マネックスは損失をもたらしたものは明らかにしなかったが、コインクチェックはこれまで、1月のハックで失われた保有分について約4億2000万ドルを投資家に払い戻すと約束した。

報告によると、Coincheckは1月26日、約530百万ドルのNEMトークンがそのプラットフォームから盗まれたと確認した。

事件の後すぐに、プラットフォームはトークンごとに0.81ドルの金額で盗難トークンを補填すると発表した。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP