規制当局発足時に「信頼回復」を約束する16の日本の取引所

日本では、ライセンスされた暗号化交換のグループが、自己申告のルールを採用して市場の信頼を回復させることを検討しています。

日本の報道機関によると、 朝日新聞火曜日、現在、日本の金融庁(FSA)に登録されている16回の交換は、正式に日本Cryptocurrency交流協会吹き替え新しい自主規制機関を立ち上げました。

また、暗号取引空間に入った上場外資系企業であるマネーパートナーズの社長兼CEOの奥山泰三は、同グループの会長を務めることになっている。

奥山氏は、bitFlyer、SBIバーチャル通貨、GMOコインなど、15人の参加者のほか、同グループの第1回会合で正式発表を発表したという。

同協会は、ライセンスされたすべての取引所を結成することにより、顧客保護と内部統制に関する包括的なルールの策定に努め、メンバー企業からの遵守を求めると語った。さらに、業界の健全性を損なう活動を処罰するために、グループによって罰則が科されることが報告されています。

奥山氏は、「セキュリティ対策と内部統制が確実に行われるようにする」と述べた。「健全な市場を開拓するために、顧客の懸念を排除し、公衆の信頼を回復させたい」

日本の取引所は、Coincheck 取引所からの5億ドル相当のNEMトークンを悪用した1月のハックに続いて、業界の公衆の信頼を回復するために、

同グループを発見する予定は、3月 に、取引所の安全対策を測るオンサイト検査を含むFSAの規制活動への対応として初めて発表された。

奥山氏は、FSAの完全なライセンスがなくてもまだ数十の暗号暗号交換が行われている現状について言えば、このグループはまた、これらのエンティティの開発について助けと助言を提供することを目指すと述べた。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP