米国の先物自主規制機関がメンバーに暗号活動の報告を促す

米国先物業界の自主規制機関(SRO)は、クリプトカルトや関連デリバティブ商品を扱っているメンバーがその活動を登録する必要があることを火曜日に発表した。

全米先物協会(NFA)が発行され reminde(のCPO)、商品取引顧問(のCTA)商品・プール・オペレーターにRをし、昨年末に被写体に双子の通知を送信した後、ブローカー(IBS)を導入します。これらの通知は、米国のいくつかの企業が12月にビートコイン先物取引を開始するために動いたために起こった。

I-17-28とI-17-29の番号を付けて、昨年12月14日に、CPO、CTA、IBの皆様に通知しました。CPA、CTA、IBは、暗号化または暗号の派生品を取引、アドバイス、または要請しています。

通知の結果、CPO、CTAおよびIBは、自己規制担当者に提出する年1回のアンケートを通じて、これらの暗号侵害活動をNFAに直ちに報告する必要があります。

「NFAはCPO、CTA、IBにこのことが継続的な義務であることを思い起こさせる」とSROは語った。

米国商品先物取引委員会(CFTC)によって指定されたNFAは、投資家が保護され、メンバーが関連する規制義務を遵守することを保証することを義務付けられた米国デリバティブ業界の主要SROです。

通知によると、2018年以降、NFAに登録されている暗号化関連のトレーダー、アドバイザー、ブローカーには、四半期ごとに管理プールの数などの活動の詳細を提出する必要があります。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP