ITジャイアント富士通、ヨーロッパのブロックチェーンイノベーションセンターを発表

世界最大のITサービス企業の1つである日本の多国籍企業富士通は、ブリュッセルに本拠を置くBlockchain Innovation Centerを立ち上げました。

同社は、ブロックチェーン技術の研究を促進し、民間部門や公共部門の機関と協力してプロジェクトを開発することを第一の目的としていることを指摘し、水曜日にイニシアチブを発表した。

「このセンターは、消費者と企業が商品やサービスを購入、販売、交換する方法や、組織が商用モデルや運用モデルを変革する方法に革命を起こす手段として、ブロックチェーンやその他の分散型元帳技術へのコミットメントを示している」と述べた。

Fujitsu Beneluxの責任者であるYves de Beauregardは、センター設立の原動力としてブロックチェーン技術への顧客の関心が高まり、ベルギーの地理的位置がイニシアチブを開始するのに望ましい場所になったと指摘した。

同社はまた、このセンターがスマートシティに関連するプロジェクトに重点を置くことを明らかにした。

Fujitsu Beneluxのプレセールスおよびビジネス保証ディレクターであるFrederik De Breuck氏は、都市部に住む世界人口の割合は今後30年間で急速に増加するとしており、そうしたサービスを開発する必要があると説明しています「社会、経済、環境の問題に取り組むために、ICTとインフラとアーキテクチャを組み合わせる」

De Breuck氏は、「公共の帳簿と投票IDに潜在的なブロックチェーンテクノロジを使用し、プロセスを自動化しスマートな契約で監査する能力は、間違いなく、この変化する生態系において重要な役割を果たします。

富士通はブロックチェーン業界の新人とは遠いです。2016年に、それが 発表され、それが安全に共有ドキュメントのためblockchainベースのシステムを開発し、その後、異なるリリースしていたことをシステム 2017年に安全なデータ共有のために。

Hyperledgerコンソーシアムのメンバーでもあり、Hyperledger Fabricの グループのブロックチェーンプラットで使用するいくつかのプロジェクトをリリースしました。

今月初めに、同社はethereumのスマートな契約内のバグを検出する技術を発表した。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP