韓国のSKテレコム、アイデンティティと資産取引のためのブロックチェーンを構築

韓国のSKテレコムは、今年中に顧客の身元を認証するためのブロックチェーンベースのプラットフォームを開始すると伝えられている。

ZDNetの 報道によると、 韓国の最大の家族所有企業であるSKグループの子会社である通信大手は、ユーザーの定期購読と決済プロセスを合理化するため、新しいシステムを開発中だという。

オセセヒョンのブロックチェーン部門責任者は、このプラットフォームは、非金融資産とデータを送信し、韓国ヘラルドの別の報告書に基づいて、信頼と透明性を会社のサービスにもたらすことができると述べた 。

「このサービスは、ユーザーが銀行口座、クレジットカード、マイレージポイント、および他の非金融資産(暗号化を含む)を1つのバスケットで管理し、信頼に基づいた資産の取引を可能にする」と語った。

SKテレコムのブロックチェーン開発への取り組みの一環として、同社は「トークン交換ハブ」と呼ばれるサービスを開始する計画も発表した。

この報告書によると、SKテレコムは独自のトークンを発行するつもりはないが、ハブは企業が初期コイン提供を通じて資金を調達するための行政および技術センターとしての役割を果たす。

ライバルの韓国通信会社である韓国テレコム(KT) がブロック型セキュリティソリューションを使ってインフラストラクチャをより良く保護する計画を発表してからわずか1ヶ月後にこの動きが見られる。

「Future Internet」と呼ばれるこのプロジェクトは、個人や企業がGoogleなどの中央ポータル事業者を介するのではなく、ピアツーピア方式でデータを送信する報酬を得ることを可能にする。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP