ネットワーク用語

URL【インターネット関連用語】

URL

インターネット上でファイルの位置を指定するための記述形式、もしくはそれによって記述されたアドレスそのものを示します。

概要
もっとも馴染み深いところでは、WWWのホームページアドレスを指定するために使われています。
解説
インターネット上で、ファイルの位置を指定するための記述形式、もしくはそれによって記述されたアドレスそのものを示します。もっとも馴染み深いところでは、WWWのホームページアドレスを指定するために使われており、最近では名刺などに記述してある例も珍しくありません。URLによって記述されたアドレスは「http://www.○○.jp/pg_○○/index・html」といった形式をとります。

先頭の文字列はそのファイルにアクセスする方式を示しています。WWWの場合はhttpというプロトコルによってページ情報を取得しますので、その方式を示す「http」という文字列が先頭に来ています。続く「www.○○.jp」はドメイン名。○○.jpドメインに属しているWWWという名前のコンピュータを指しています。

このドメイン名によってIPアドレスが確定しますので、インターネット上の特定のコンピュータに対して、httpというプロトコルでアクセスするという指定を行ったことになります。以降の「/pg_○○/index.html」はファイル名です。そのコンピュータが公開しているpg_○○フォルダの下のindex.htmlというファイルを参照したいと指示していることになります。WWWブラウザでは、このURLをアドレスとして入力することで、目的のページが表示されます。

関連記事

  1. NTP【インターネット関連用語】

  2. DNS【サービス・プロトコル関連用語】

  3. ADSL【ワイド・エリア関連用語】

  4. RSS【インターネット関連用語】

  5. プロキシサーバ【サービス・プロトコル関連用語】

  6. Dynamic HTML【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP