ネットワーク用語

ISP【インターネット関連用語】

ISP

インターネットへの接続先を提供するサービス事業者のことで、単にプロバイダとも呼ばれています。

概要
サービス内容には、専用のメールアドレス発行やホームページスペースの貸与も含むことがほとんどです。ISPを利用したインターネット接続とは、要はインターネットに接続されているLANに外から参加させてもらうようなものです。アナログモデムを使ったダイアルアップ接続は過去のものとなり、ADSLやFTTHなどの常時接続方式が今現在の主流です。
解説
インターネットへの接続先を提供するサービス事業者のことです。電話回線や専用回線を使って、顧客である一般ユーザからのリクエストを受け付け、インターネットヘと接続します。通常は単にプロバイダと呼ばれることが多く、現在はアナログモデムを用いたダイアルアップサービスから、ADSL、FTTH(光ファイバ接続)といったブロードバンドサービスヘと主体が移りつつあります。ISPの業務は単に接続の提供というだけには留まりません。

メールアドレスの発行、ホームページスペースの貸与といったサービスは、ほとんどすべての事業者において標準の付加サービスと位置付けられています。これによって、契約したユーザはインターネットの閲覧だけではなく、自分からも情報発信を行うことができるようになっています。そういう意味では、ISPとはインターネット総合サービス提供所といった意味合いを持つとも言えるでしょう。

WWWの登場とISPの出現によって、インターネットは日本においても爆発的に普及することとなりました。1995年以降の普及の過程においては、まさしく雨後のタケノコといった具合に事業者が乱立し、中には「安かろう悪かろう」といった粗悪な事業者も多く存在しました。NTTによる定額の通話サービス「テレホーダイ」が開始されたのもこの頃です。

電話回線を用いたダイアルアップ接続が主体であった時期だけに、料金が定額となるこのサービスは個人ユーザを中心に広く利用されました。しかし、定額となる時間帯が深夜23:00以降に限定されていたため、その時間帯近くになると、回線が混みあって利用できなくなるなどのトラブルを生み出す要因ともなっていました。

関連記事

  1. JavaScript【インターネット関連用語】

  2. クラウド【インターネット関連用語】

  3. HTML【インターネット関連用語】

  4. NetBEUI【サービス・プロトコル関連用語】

  5. プロキシサーバ【サービス・プロトコル関連用語】

  6. Bluetooth【ローカル・エリア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP